<< 高校生の政治活動容認へ、不安も… | main | 富士市議会9月定例会、一般質問に21人通告 >>
安保法案、揺れる中で…

 きょう9月16日の購読紙朝刊1面トップ記事の見出しは『安保 今夜にも参院委採決』。テレビの夜のニュースは安保採決阻止に向けての国会での野党の抵抗や、国会を取り巻く激しい反対デモが伝えられています。


         「参院委採決へ」を伝える朝刊紙面です

 

 安全保障関連法案は、どうなるのか。与党が「結果オーライ」を確信して数の力をもって強行採決するのか、それとも反対デモが拡大、それを追い風にして野党が廃案に追い込むのか。ここ一両日が、その剣が峰となりそうです。

 

 富士市議会は、先の6月定例会で、市内在住の弁護士が提出した「安全保障関連法案は慎重審議を…」とする請願を全会一致で採択、国に向けての意見書を可決して提出しています。

 

 意見書の「慎重審議を…」は実ったのか…。野党の激しい反対、全国各地での反対デモからして慎重審議イコール合意には至らず、理解形成も図られていない、そういえます。

 

 今後、「地方政治に参画する者として、この安全保障関連法案を、どう受け止めているのか。それを述べよ」といった意見を受けそうです。

 

 こう答弁することにしています。

 

「極めて重要な法案。この際、仕切り直しへ。政治家・政党の都合による衆院解散、総選挙での仕切り直しではなく、法案の可視化を図るためにも憲法改正のステージに持ち込み、国民投票法の適用をもっての仕切り直しをすべきではないか」

 

| - | 23:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT