<< 富士地区保護司会が『創立50周年記念式典』 | main | 無料化と有料化、矛盾には、それなりの理由が… >>
富士市議会9月定例会、第2ラウンドに突入

 9月9日に開会した富士市議会9月定例会は、28日までに平成26年度一般会計歳入歳出決算認定案など認定案を中心とした当局提出議案の審査を終了、きょう30日から平成27年度一般会計補正予算案など当局提出議案12件の委員会審査を開始しました。

 ちょっと大袈裟ですが、第2ラウンドに突入といったところです。

 

 きょう30日に委員会審査が行われたのは、自分、海野しょうぞうが委員長を仰せつかっている総務市民委員会と環境経済委員会。


 総務市民委員会では本会議での付託議案4件を審査。いずれも原案可決と決しましたが、委員から質疑が相次ぎ、10月にスタートする国民ナンバー制度に向けての個人情報保護条例の一部改正に対しては細心の配慮を求める要望が出されました。


 総務市民委員会と環境経済委員会は共に午前9時30分に開会。ということで環境経済委員会の審査は傍聴できませんでしたが、付託議案は、いずれも原案可決とのことです。


 あす10月1日には文教民生委員会と建設水道委員会が委員会付託議案の審査を行い、その採決は10月5日。

 委員会付託議案の採決後、5日から定例会最終日の9日にかけて一般質問を行い、一般質問には21人が通告、登壇する予定です。


 


| - | 23:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT