<< かりがね祭りに行ってきました | main | あす7日、一般質問に登壇します >>
富士市議会9月定例会の一般質問がスタートしました

 富士市議会9月定例会27日目の、きょう10月5日、午前10時に本会議開会。委員会付託、審査が終了した平成27年度一般会計補正予算案など当局提出議案12件の採決(全案可決)に続いて一般質問が開始されました。

 

 一般質問には21人が発言を通告。その初日のきょう5日には4人が登壇。今後の予定は6日(火)、7日(水)、8日(木)に各5人、定例会最終日の9日(金)に二人が登壇することになっています。

 本会議開会は各日とも午前10時。1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間です。

 

 きょう5日の一般質問のトップバッターを担った遠藤盛正議員は、まちの駅・富士川楽座がドッキングしている東名高速道路富士川サービスエリア内のNEXCO中日本の所有地に設置企業が建設費を負担、管理・運営も担う方向で誘致が進められている観覧車を取り上げ、「富士川楽座に付加価値をつけ、県内のどこのサービスエリアとも差別化が図られる事業」と述べながら、「富士市としても後押しを」と要望。

 市長は、「近日中に測量、ボーリング調査に入ると聞いている」と答弁。順調に進めば、1、2年後にデイトスポットしても人気上昇中の観覧車が富士市に誕生するかもしれません。

 

 一般質問の論戦内容は、富士市議会のホームページで生中継及び録画中継されています。

(http://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/fmervo000000w5d3.html)

| - | 18:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT