<< チアダンスチームが富士市長を表敬訪問! | main | あす12月30日に『2015富士山女子駅伝』が開かれます >>
『ライフライン』の第19号を発行しました

 今年も、残すところ、きょう1228日を含め、あと4日間。あすから官公庁も1月3日まで年末年始休みに…。テレビ各社は夕刊ニュースで年末年始休暇を海外で過ごす人達の出国ラッシュを伝え、キャスターは、「景気の上昇を裏付けてか昨年より増加」なんてことも。

 画面からは、独身貴族の年末年始に向けてのハッピー気分があふれ出し、親子連れも多く、瞬時、「還暦を過ぎた自分に、いつ、同じようなハッピーライフが訪れるのか…」なんてことを思ったりしますが、「人は人、自分は自分だ」と年始に向けて奮闘中です。

 

 ようやくセーフという感じで原稿締め切りに間に合った『ライフライン』と命名している後援会だより&議会報告ニュースの印刷が終わり、その納品を受け、今、発送作業に向けての下準備に取り組んでいます。

 第19号で、平成1月1日付けの発行。これまでと同様にタブロイド判4ページ立て。


       『ライフライン』の第19号です

 

 この『ライフライン』、8年前の富士市議会議員選挙初挑戦時に掲げた公約の一つ、情報の積極的発信の具現策として市政・議会報告会の開催や、ホームページの開設とともに発行しているもので、「年4回開かれる市議会定例会ごとに…」の思いがあるのですが、費用的な面から年2回の発行でご容赦を願い、今号で19号を迎えました。

 

 年2回とはいえ限られた期間内で後援会入会者への発送・配布は、膨大な作業。当然、自分1人で成せる量ではなく、後援会有志の皆さんの協力を得ています。

 来年早々に発送作業日を設定、これから協力を要請する予定で、今、取り組んでいる発送作業に向けての下準備は、住所シールの打ち出しや、同封する挨拶文の作成・印刷です。

 

 さらに、「追い込める分は自分で…」と封書へのシール貼りや、封書に入れるための新聞の二つ折りにも年内いっぱい全力を投入する予定。

 で、「年末年始は海外に…」は、今の立場では夢のまた夢。「人は人、自分は自分だ」です。

 

 家人は、この週末、年賀はがきの宛名書きが大詰めで、大掃除にも動き出しています。「申し訳ない」とは思いつつも、「これが俺の仕事だ」とパソコンに向かっていると、保育園年少の3歳の女児の孫、「ジイジ、お手伝いする」。

「孫は天使。年末年始の海外よりも、今が俺の人生の楽園だ」と思ったものの事態は「悪魔が来たりて…」に展開。

 

「ジイジ、お手伝いする」に、「このちゃん(「この実」、孫の名です)、その新聞、二つ折りに…」。

「は〜い」と、天使らしい、カワユ〜イ返事であったものの、二つ折りから四つ折り、さらに…。

「それ違う」には、「じゃあ、ツル、折ってあげるネ」だって…。

 

 ぐっと「人生とは忍耐の連続だ」を脳裏に打ち込んで、作り笑顔で「このちゃん、ありがとう。助かったよ。もう大丈夫だよ」。

 

「じゃあ、また手伝ってあげる。大変だったら、いってネ」だって…。

 孫はカワユ〜イ、そしてコワ〜イ、です。


              作業中の孫です 

 

 経費節減のため、印刷部数と発送・配布部数は、ほぼ同じとしている関係上、四つ折りやツルを戻して二つ折りにした『ライフライン』の発送・配布を余儀なくされるかもしれませんので、先に謝っておきます。

 

「スミマセン」

 

※『ライフライン』は、後援会入会者や後援をいただいた地区・団体などに無料で配布しています。後援会未入会者などであって入手をご希望する方は、このホームページの「問い合わせは」から「入手希望」のほか、ご住所、ご氏名を送信して下されば郵送させていただきます。提示いただきますご住所、ご氏名は郵送のみに使用、他には使用しません。

『ライフライン』は、後援会事業として取り組み、その費用も後援会費を投入しており、郵送料も含め無料となっています。


| - | 22:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT