<< あす12月30日に『2015富士山女子駅伝』が開かれます | main | 2015 年、平成27年、大晦日です >>
2015 富士山女子駅伝、立命館大学が3連覇

 スタートを富士山本宮浅間大社前、フィニッシュを富士総合運動公園陸上競技場とする「2015全日本大学女子選抜駅伝競走(略称・富士山女子駅伝)」が、きょう30日に開かれ、立命館大学が大会3連覇を果たしました。2位は名城大学、3位は松山大学。


      大会は全国生放送されました(テレビから)


トップでゴールに向かう立命館大学のアンカー(テレビから)


 2位の名城大学、3位の松山大学のアンカー(テレビから)

 

 7区間、43.40キロ。出場は21チーム。午前10時にスタート。立命館大学はエースの大森菜月選手をケガで欠くも1区でキャプテンの菅野七虹選手が先頭でたすきをつなぐと、続く2区と3区でも区間トップの走りで2位以下を大きくリード。

 最も長い9.40キロの4区でも2年生の太田琴菜選手が区間記録に4秒と迫る走りで独走態勢。7区間のうち5区間で区間賞を獲得する圧倒的な強さで大会記録にあと2秒に迫る2時間21分50秒の好タイムでの優勝でした。

 

 この富士山女子駅伝、主催は公益社団法人日本学生陸上競技連合、共催は静岡県、富士市、富士宮市。

 10月下旬開催の「全日本大学女子駅伝対校選手権大会(略称・杜の都駅伝)」と並ぶ大学女子駅伝で、第1回大会は2004年。第3回大会の2006年まで埼玉県の中山沿いの6区間30.00キロで開かれ、その後、第7回大会の2009年までは年末年始の時期に茨城県つくば市の6区間30.67キロで開かれていました。

 

 しかし、スポンサー局であったテレビ東京の降坂により休止に…。

 

 2013年に富士山の世界文化遺産登録を記念する形で復活。フジテレビが新たなスポンサー局となっての第8回大会が富士宮市、富士市の7区間43.40キロで開かれ、今年は第10回大会、略称の富士山女子駅伝としては第3回大会でした。

 

 自分、海野しょうぞうは、交通整理ボランティアとして所在区の鷹岡地区のコースへ。通過予定より1時間前の9時15分が集合時間で、道路清掃、応援小旗の配布、選手通過時に交通整理…という任務を担当しましたが、スタートから5キロほどの地点のため、それほど差はなく、全チームの通過時間は2分程度。あっという間でした。


 交通整理ボランティアに支給された

  ブルーのジャンパーを着用してコース沿道に…


 先頭集団通過3分前を伝える役員車両です

      (この後は交通整理にあたるため写真撮影は厳禁に…)

 

 昨年までは午後に録画放送でしたが、今年は生放送のため、全チーム通過後、沿道の応援者は早足で自宅へ。もちろん、「ところ変えてのテレビ観戦」だと思います。

 

 富士山女子駅伝、富士市の年末の風物詩として今後も大会が継続することを願っています。

 昨日のロゼシアターの開会式での事。交通整理のボランティアが3,121人、これに本部スタッフや審判スタッフ、警備関係者を含めると大会を支えた人は4,400人にのぼることが報告されました。「その数をもって継続開催を願う市民の熱意が主催側に伝わった」、そう思っているのですが…。

| - | 19:24 | comments(2) | - |
コメント
 今年も富士山女子駅伝が開かれ、前2回は沿道で…。今年は知人に誘われ、ゴールの陸上競技場に出向き、応援してきました。スポーツ全般、あまり関心、興味がなかったのですが、若い選手の頑張る姿に感動。今では、すっかり駅伝ファンで、今年も、きょうを楽しみにしていました。
 しかし、ゴール会場で、ガッカリする場面を目にして一気に気分が滅入りました。興ざめ、そんな感じでした。
 最後の7区間は坂道で、アンカーの選手たちは最後の力を振り絞って陸上競技場でたどりつき、「ラストだ」、そんな声をあげながら声援を送っていたのですが、まだレース中、次々と終盤グループのアンカーが必死にゴールに向かっているのに優勝チームが歓喜の胴上げ。
「女性らしい配慮を」とはいいません。同じ選手として、レース終了、ラストチームがゴールするまで見守る、そうしたことがないほど勝負の世界は厳しいものでしょうか。
 海野議員は、どう思われますが。私だけでしょうか。
| 駅伝ファンのオバさん | 2015/12/30 7:46 PM |
コメントをお寄せ下さり、ありがとう、ございます。
ご指摘の件、「歓喜のあまり」かもしれません。
回答にならない回答でスミマセン。
| 海野しょうぞうです | 2015/12/30 7:48 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT