<< 富士市の産業&福祉の功労者、佐野孝さん逝く | main | 原油価格の暴落と日本の経済・社会 >>
ロゼ富士山こども将棋大会2016に孫挑戦!

 成人の日の、きのう1月11日、富士市蓼原のロゼシアターで『ロゼ富士山こども将棋大会2016』が開かれ、小学3年男児の孫が参加。保護者、そして将棋指南役として同行、大会の結果は…。


『こども将棋大会』の開会式です(会場はロゼ展示室でした)

 

 ロゼシアターを運営・管理する公益財団法人富士市文化振興財団は、2013年4月に開館20周年記念事業として将棋の第71期名人戦七番勝負第2局となる森内俊之名人と羽生善治三冠の対局を実現しています。

 この際、対局盛り上げイベントとして『こども将棋大会』を開催。以後、『こども将棋大会』はロゼシアターの恒例事業となっています。

 

 今年で4回目。孫は、初開催の2013年の第1回大会に参加しており、当時は保育園の年長児。将棋は、日本を代表するゲーム、そして、礼に始まり礼に終わる礼儀を重んじた日本を代表する伝統文化。「何十歳離れた祖父と孫でも対等にコミュニケーションできる。だから…」と教えて半年の段階でした。

 

 もちろん、勝つことが目的ではなく、参加目的は、「同じ年頃のこどもと将棋を打つことにより、さらに将棋に興味を抱いてくれたら」で、結果は1勝2敗で予選リーグ敗退。

 

 その後、孫はパソコンの将棋ソフトを相手にスキルアップ。「その調子で…」と期待していたものの、我が家にゲーム機なるものが入り込んだ以降はゲームに熱中。

 それでも、時たま「ジイジ、将棋やろう」と声を掛けてくる時があり、「よし」と対局すると結果は五分五分となっています。

 

 孫の3年ぶり2回目の今回の参加は、大会が未就学児を含め小学3年生以下の部と、小学4年生から同6年生の部に分かれ、小学3年生以下の部に参加できるのは今年がラストチャンス。孫に「小学4年生以上になると将棋道場で特訓を積んでいる子が参加してくることから絶対に勝てない。勝てるのは今年しかない」なんてことを言い続け、「参加しなけりゃ」に洗脳しての参加。つまり、ジイジ馬鹿による参加でした。

 

 大会は、ロゼスタッフのほか、日本将棋連盟や富士市役所将棋部、富士駒の会の会員が運営面をボランティアで協力。さらにゲスト棋士に富士市出身の中尾敏之五段を招き、富士駒の会による手作り将棋駒の展示などもあり、関係者の大会に寄せる熱意が随所に光っていました。


            孫、対局するも…

 

 さて、孫がエントリーした小学3年生の部には、市内外から30人が参加。予選リーグは2勝(1勝は不戦勝)1敗で通過したものの、決勝トーナメントの1回戦は、わずか5分程度で勝負あり、負けでした。

 後で分かったことですが、この決勝トーナメント1回戦の対戦相手は、昨年の第3回大会で2年生にして小学3年生以下の部を制した女児。駒の扱いも手慣れたもので、打ち込むスピードも速く、それも何手も先を読んで…といった感じ。

 

 対局後、実力を自覚させられ、ションボリしている孫に「相手が悪かったなぁ〜」なんて慰めの言葉を掛けたものの、「待った」や「王手」などルール違反言葉を交えながらの“遊び将棋”で過ごしてきた自宅対局を深く反省。「敗戦の一端はジイジの責任だ」です。

 開会式で大会責任者が参加児童に求めた「ルールは厳しく、心はやさしい将棋を」が胸に突き刺さりました。

 

 今回の悔しい大会結果で孫が奮起、3回目の挑戦を目指すか、どうかは「?」ですが、はっきりしていることは、「ジイジの力量は、すでに限界。将棋道場に入門するか、将棋実力者の指南を受けなければならない」。

 まあ、孫が「参加することに意義がある」と思うなら別ですが…。

 

 いずれにせよ、こども達にゲームが蔓延している社会、年齢を問わずに接することのできる日本の伝統文化である将棋の普及、振興に結び付く、この『こども将棋大会』が今後も継続して開かれることを願っています。

 

 

 

 明るい選挙啓発ポスター展開催中

 

 

 ロゼシアター1階のガレリアで「平成27年度富士市選挙開発ポスター展」が開かれています。あす14日(木)まで。

 富士市選挙管理委員会と富士市明るい選挙推進協議会によるポスター展。

 本年度は、市内の小中学校から128点の応募があり、この中から最優秀賞の白バラ賞2点、入選8点、佳作10点、努力賞2点を選出、これらの入賞作品が展示されています。


           ポスター展の会場です


| - | 20:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT