<< 富士市に高度救助隊が発隊しました | main | 日本卓球男女と日本女子サッカーの明暗 >>
富士市議会2月定例会、新年度市長施政方針に対する質問がスタートしました

 富士市議会2月定例会17日目の、きょう3月3日は午前10時から本会議が開かれ、新年度(平成28年度)市長施政方針に対する質問がスタートしました。

 

 市長施政方針に対する質問は、2月定例会初日の16日に就任3年目を迎えた小長井義正市長が発表した、新年度は、どのような方針で市政運営に臨むかや、どのような事業に取り組み、その予算は…などに対する質問。

 会派単位で3人に1人の割合で発言権が与えられ、1人当たりの持ち時間は市長答弁を含めて1時間。全会派が発言権を行使、通告者は6会派7人となっています。

 

 質問初日の、きょう3日は午前中に2人、午後に3人が登壇。あす4日(金)は残り2人が午前中に登壇。午後からは一般質問が開始となります。

 

 市長施政方針に続く一般質問には18人が通告しており、その登壇日程は、4日午後3人、7日(月)午前2人、午後3人、8日(火)午前2人、午後3人、9日(水)午前2人、午後3人の予定で、本会議の開会は各日とも午前10時です。

 

 自分、海野しょうぞうは一般質問に通告。その通告優位は7番で、7日午後の二番手。1億総活躍社会とされる中でのシルバー人材センターの位置づけと役割について」「移転、閉鎖の不安が浮上している常葉大学富士キャンパスへの富士市の対応について」と題した二項目を通告してあります。

 

本会議の模様は富士市議会のホームページ

(http://www.city.fuji.shizuoka.jp/page/fmervo000000w5d3.html)

でも生中継や録画中継で視聴できます。

| - | 21:29 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT