<< 富士市議会2月定例会の論戦終了…? | main | 2016、市民文芸表彰式&文芸フォーラム >>
新年度予算案など委員会審査へ

 富士市議会2月定例会24日目の、きょう3月10日は午前10時に本会議を開会。すでに議案説明を終了している平成28年度一般会計予算案など新年度予算案を中心とした当局提出議案50件を再度、上程して質疑を受け付け、委員会付託としました。

 

 委員会は、11日(金)、14日(月)に総務市民委員会と環境経済委員会、15日(火)、16日(水)に文教民生委員会と建設水道委員会が開かれ、付託議案を審査。その採決は定例会最終日の22日(火)に予定されています。

 委員会の開会時間は各日とも午前9時30分、22日の本会議の開会時間は午前10時です。

 

 このほか10日には、国に向けて提出する富士市議会としての意見書2件を議員発議で上程、可決しました。

 

 その2件は、「精神障害者の交通運賃割引に関する意見書」と「活火山防災対策の強化を求める意見書」。

「精神障害者の交通運賃割引に関する意見書」は精神障害者家族会などからの請願を受けてのものです。

| - | 20:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT