<< 富士市立岩松小学校の新校舎を視察 | main | ピカピカの新1年生 >>
『春の全国交通安全運動』がスタートしました
 きょう4月6日早朝、スーツ、ネクタイ、それに議員バッチの仕事着に着替え、マイカーに飛び乗って市役所へ。6日は『春の全国交通安全運動』の初日で、市庁舎駐車場を会場に午前7時から開かれる街頭広報出発式に参加するためです。
 
 出発式には、運動推進機関の市や警察署、それに関係機関から200人余が参加。市議会からは議長のほか交通安全業務を所管する総務市民委員会の委員長にも参加要請があり、委員長を仰せつかっていることから「早朝、市役所に…」となったものです。
 
 議員駐車場に車を停めて出発式会場に向かう途中、まだ午前7時前であるのに部課長らがゾロゾロと…。「さすが、職員の模範である管理職」と思ったのですが、向かう先は市庁舎玄関ではなく自分と同じ出発式会場。「部課長らにも参加要請してある」(担当課)とのことでした。
 
 出発式では、市長や議長、警察署長らが挨拶に立ち、参加者に交通安全推進に向けての、なお一層の協力を呼び掛け、この後、街頭へ。
 市庁舎南側の青葉通りと国道139号線が交差する錦町交差点を中心に、“交通安全”と記したタスキを着け、のぼり旗を手にドライバーや歩行者に視覚的に『春の全国交通安全運動』のスタートを伝え、交通安全を訴えました。



    ドライバーなどに交通安全を呼び掛けました


       街頭広報には看板も登場させて…
 
「こうしたパフォーマンス的な街頭広報が交通事故撲滅に、どう結びつくか…」といった、ややこしいことは考えず、40分間余、任務を担ってきました。
 
『春の全国交通安全運動』は6日から15日までで、富士市では、市や警察署、関係機関などで構成されている交通安全対策協議会が、“あの手この手”の事業を展開することになっておいます。
 スローガンは、「安全を つなげて広げて 事故ゼロへ」
 運動の基本は、「子供と高齢者の交通事故防止」で、運動の重点には、ー転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用5則の周知徹底)後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底0酒運転の根絶た憩学児童・園児の交通事故防止…の4項目を掲げています。
 
 全国交通安全運動は、年4回にわたって繰り広げられ、平成28年度は、春に続く夏の運動が7月11日から同20日、秋の運動が9月21日から同30日、年末の運動が12月15日から同31日に予定されています。

 
| - | 17:29 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT