<< 安心して出産できる富士市! | main | 富士市少年少女合唱団が熱演、ミュージカル『11ぴきのネコ』 >>
折り紙作家の田中たか子さんが著書『折り花』を発刊
 富士市松本在住の折り紙作家、田中たか子さんが制作、執筆した折り紙でつくる四季の素敵な花々のハウツー本、『折り花』が蟆禄仆駛漆啓辧疆豕都渋谷区=から出版されました。B5判(182×257臓法■坑汽據璽検2然複隠苅娃葦漾弊琶漫法


          『折り花』の表紙
 
 田中さんは、中学校で40年間にわたって保健体育と数学の教諭を担い、中学教頭をもって定年退職。その後、富士市生涯学習指導員や静岡県人づくり推進員などを歴任。これと並行して折り紙を独自の感性で折りはじめ、現在、日本折り紙協会講師、愛紙人形師範。
 
 折り紙活動では、日本舞踊や歌舞伎などに題材を求めた“折り紙作家”としての活動だけでなく、身近にあふれる花々を楽しく、気軽に作品化する「花の折り紙講座」も主宰して折り紙の輪の広がりを図っています。
 
 著書『折り花』は、その「花の折り紙講座」から誕生した作品をまとめたもの。
「作品を考えるにあたっては何度も花屋さんに通い、また、専門資料も参考に花弁の形や数、シベ、ガク、葉の形状や付き方などを調べあげ、本物の花の特徴の把握に努めた」、さらに、「和紙を使用。太陽の光にあたると生き生きと咲く花の命の輝きを、和紙ならではの微妙な染めの色合いと、柔らかな風合いで表現したかったから」と田中さん。
 
 カーネーション、ガーベラ、バラなど16種の身近な花々の折り方がイラストをもって紹介されています。
 
 著書で田中さんは、「四季折々の美しい花たちを、あなたも、ご自分の手で織り上げてみませんか」と呼び掛け、折り花ギャラリーも設け、折り上げた花々で室内を飾るフラワーアレンジメントや花束を紹介、折る(創る)だけでなく、折り花が人にやすらぎや喜びも届けることを伝えています。
 
 このブログ、田中さんから著書『折り花』の贈呈を受け、深く感動したことにより一筆啓上したものです。

 田中さんを「田中先生」とお呼びしていたのは前職のローカル紙の記者時代。富士市の中学体育の先生として知られ、とりわけクラブ活動の器械体操女子の指導には定評があり、富士市の中学女子器械体操の黄金時代を築いた方です。
 
 退職後、折り紙作家の道へ進み、体育と和紙工芸が、どこでどう結びついたのか「?」でしたが、作品展で、その作品を鑑賞。さらに、今回の著書の発刊に接して、「体育、和紙工芸、ジャンルは違うものの、その底流は同じ。いつもパワー全開、エネルギシュ」、そんなことを思っています。見習いたい人生です。

 
| - | 22:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT