<< 我が友、鈴木正己さん逝く | main | 富士市に防災ヘリポートが誕生しました >>
富士市、産業都市復活へ!
 きょう5月18日のローカル紙・富士ニュースの紙面に同市大渕の富士山フロント工業団地が今月20日に予定されている食品製造会社の富士工場竣工式をもって全17区画に進出した16企業すべての工場が稼働となることを伝える記事が掲載されていました。


          きょうの紙面です
 
 この富士山フロント工業団地、「富士山麓では最後の大規模工業団地」とされるもので、前市長の鈴木尚市政時に打ち出されたもの。
 市と市内の金融機関が中心となって設立した富士総合開発が整備、平成21年9月に完成しています。
 
 しかし、完成直後の販売は好調だったものの世界的な金融危機から契約済みだった14区画の大半がキャンセルという事態に…。
 
「莫大な投資をしたものの売れない工業団地、誰が、その責任を…」、そんな声もあがる中、東日本大震災以降は津波の心配がない高台にあることや、新東名高速道路のアクセスが容易なども注目され、完売へ。
 
 この富士山フロント工業団地だけでなく新東名富士インター周辺の物流ゾーン区画も富士山の世界文化遺産の追い風もあって有力企業の進出が相次いで決まっています。
 
 富士市、産業都市復活へ、そんな思いを抱かせる、きょうの記事でした。
 これをプロローグにして復活から発展へ、それを目指したいものですが、その中では富士山との調和も図って既存の工業地帯の再整備にも目を向けなければ…です。
| - | 23:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT