<< 三日市浅間神社で社殿完成祝う奉納行事が開かれています | main | 消費税再延期の今後は…? >>
最後の面の会の『富士能面展』
 富士市蓼原町のロゼシアター展示室で、今、『富士能面展』が開かれています。神奈川県横浜市在住の能面作家、岩崎久人さんが主宰する富士面(ふじおもて)の会が、毎年、開いているもので、今年で25回目ですが、会員の一人で、あれこれ人生の指南を受けてきた村松文雄さんから届いた案内状には“千龝樂(せんしゅうらく)”の文字が…。半世紀を区切りとし、今回が最後の展示会です。
 6月5日(日)までの開催。午前10時から午後6時。最終日は午後4時で終了。入場無料。
 問い合わせは事務局の村松さん(筺。娃毅苅機檻沓院檻隠隠娃掘



 展示会場は写真撮影禁止のため
        掲載写真は展示会パンフレットより

 
 富士面の会は平成元年に発足。富士市内に教場を構え、岩崎さんが門下生を指導。最後となる今回展には、岩崎さんが『増女』『泥眼』『老女小町』『焔(創作)』『白般若』の5点、門下生7人が28点。このほか元会員5人が10点を出展、計43点をもって展示会場には“能の世界”が広がっています。
 
 展示会初日の、きょう5月31日、市役所からの帰路、鑑賞してきました。
 
 能面は、能において主人公である”シテ”や、助演者である”ツレ”が使用する面(おもて)。神や鬼神・怨霊などを表現するために…、また、美的表現を必要とする女性の役を演じる時にも使用されています。
 能面を大別すると、翁・老人系・鬼神系・女面系・男面系・怨霊系に分類でき、小面(こおもて)や般若(はんにゃ)と言うように名称で分類すると基本形は70種類程度。さらに白般若や赤般若・黒般若と同一種を細分化すると200種類以上あるといわれています。
 
 この能面を理解するには、それを使用する能そのものを鑑賞、理解することが必要ですが、能を鑑賞する時間も、金もない身には「この面は○○に…、この面は△△に似ているなぁ〜」といったレベルでの鑑賞となります。
 怒り狂った表情の面は、「飲み過ぎて帰った際の我が家の××に、そっくり」。××は…、ご想像にお任せします。
 
 こんな調子で、毎年、鑑賞していたのですが、最後となる今年は、ちょっと違っていました。

 会場に、毎年、案内状を送っていただいている村松さんがおり、「講師の岩崎先生、そして会員も高齢化したので、今年で最後の展示会とすることになった」、そう語られました。
 村松さんは、電気設備会社の経営者として、また商工会の会長として富士市の産業発展に貢献。その多忙な中での能面は趣味として取り組んでおられました。
 お会いする機会が多く、政治に強い関心を持っている方で、お会いした際には市政について質問を受けたり、提言を受けたり、さらに、地方議員のあるべき姿とは…の指南を受けたり。まさに市議会議員を仰せつかっている自分にとって人生の指南者でした。
 
 確か3年前に現役を引退。お会いできるのは能面展の会場だけとなったものの、その鑑賞に訪れた際にも、あれこれ指南を受けていたのですが、「こうした機会も、今年で最後」、そう思うと感傷気味となり、いつもと違う鑑賞でした。
 
「出会いには必ず別れがある。それが世の無常」、それを突き付けられたことで感傷気味となって能面を見入ると、そこには作品に込めた作者の魂が見えてきました。
 言葉では、うまく表現できませんが、「能面は作者の分身」であることには間違いありません。
「一つの能面を仕上げるには、かなりの時間が必要」とされる中、村松さんは「寄贈したものもあるが、今も20数点の作品が手元に…」といいます。
 
 学生から社会人に…、家庭を築き、日々、仕事に追われ、趣味一つ持つこともできずに過ごして気が付けば早還暦過ぎ。「家族に、友人に、そして恩人に、魂を込めた何かを残したい」、今回の鑑賞によって、残された人生に重い課題をいただきました。
 
 展示会最終回にあたり、これまで鑑賞させていただいた、ささやかな返礼として、以下に出品者名を記させていただきます。(順不同、敬称略)
 
【講 師】 岩崎久人
【会 員】 今井昭三 久保田静男 古郡伸次 村松文雄
            鈴木康志  塚田充宏 丸山政己
【元会員】 森田初枝(故人) 仁藤勲 佐野雅彦 若杉昭夫
           小口信枝

 
| - | 23:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT