<< きょうは『父の日』でした | main | 30年以内に震度6弱以上の地震発生確率、静岡市は68% >>
社会を明るくする運動の準備などで一日、缶詰状態に…

 きょう6月20日、午前9時から午後4時過ぎまで富士市消防防災庁舎7階会議室に缶詰状態になっていました。富士地区保護司会の鷹岡支部に所属する保護司の一人として、午前中は7月に繰り広げられる『第66回社会を明るくする運動(以下、社明運動)』の啓発資材の準備、午後は本年度第一期研修会と社明運動の全体会でした。

 

更生保護のマスコットキャラクター、

         更生ペンギンのホゴちゃんです

 

 社明運動とは、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正及び厚生保護についての正しい理解を深め、進んで、これらの活動に協力するように全国民に呼び掛ける法務省提唱の啓発活動。犯罪者予防更生法の施行日(1949年7月1日)に因み、毎年7月を強化月間として保護司会を中心に、さまざまなイベントが行われます。

 

 富士市でも市や富士地区保護司会など関係団体が推進委員会を組織して取り組み、66回目を迎えた今年は初の試みとして初日の7月1日にロゼシアターで「富士市大会」を開き、1日から15日までの間、市内各所で街頭啓発を展開、これに加えて支部単位でも啓発活動に取り組むことになっています。

 

 きょう20日の午前中の啓発資材の準備では、街頭啓発で配布するリーフレットやキャッチコピーを記したメモ帳、ポケットティシュなどの袋詰めや、ポスター、のぼり旗、タスキなどの支部別仕分けなど。

 これらの啓発資材、町内会連合会の協力を得て一世帯50円の協賛金をもって購入したもので、力仕事でない単純作業であったものの、その量が多く、加えて、時期的にエアコンスイッチOFFのため、汗タラタラでの作業。「人生修行だ」と思って頑張ってきました。

 

 このブログを読んで下さった方々にお知らせ、お願いです。

 

 

    1日に宮本延春さんの講演会

 

 7月1日(金)にロゼシアターで開かれる「富士市大会」は午後2時開始。記念事業として宮本延春(まさはる)さんの『オール1の落ちこぼれ、教師になる』と題した講演が行われます。公開で開き、聴講は無料、申し込みも不要。

 講師の宮本さんは、1969年、愛知県半田市生まれ。小学生時代、体が小さく、イジメの標的にされ、中学校に進んで最初にもらった通信簿は“オール1”、九九も全部言うことが出来なかったといいます。

 中学卒業後、大工の道へ。23歳の頃、ビデオ『アインシュタインの理論“光は波か、粒か”』と出会ったことで物理学に興味を抱き一念発起、猛勉強をはじめて高校定時制、そして名古屋大学理学部に入学。大学院に進んで宇宙物理学を専攻、素粒子の研究に没頭するも「教師に…」の新たな挑戦を決め、36歳で母校(高校)の教師に…。2006年に出版した初のエッセイ『オール1の落ちこぼれ、教師になる』が10万部を超え、2007年にTBSテレビドラマ『3年B組金八先生』の中で紹介され話題に…。現在、執筆と講演活動で活躍中です。

 問い合わせは福祉総務課(筺。娃毅苅機檻毅機檻横沓毅掘法

 

 

    6日に太田昭道さんの講演会

 

 6日(水)には、社明運動の一環として富士地区保護司会の前会長で、非行に走った青少年や覚せい剤犯罪者の更生と社会復帰に取り組んだ太田昭道さんの講演会が開かれます。

 富士地区保護司会の鷹岡支部や、鷹岡・天間地区の更生保護女性会、生涯学習推進会などが協調、社明運動の支部単位イベントとして企画したもので、鷹岡まちづくりセンターを会場に6日午後7時から。

 二部構成で、その第1部は更生保護女性会による奈良少年刑務所詩集『空が青いから白をえらんだのです』よりの朗読。第2部が太田さんの講演で、演題は『非行や犯罪を防止し、立ち直りを支える地域の力』。

 聴講は無料、申し込みも不要。問い合わせは鷹岡まちづくりセンター(筺。娃毅苅機檻沓院檻械横隠機法

 自分は、この太田さんの講演会の企画者の一人。多くの方が来場して下さることを願っています。願うだけでなく、あちらこちらにお誘いの声を掛けています。

| - | 20:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT