<< ナイスショット、バンジージャンプ | main | 27日、28日、『第19回市政・議会報告会』を開きます >>
豪華客船、『飛鳥2』で…

 四季、シーズンごとに日本籍最大の豪華客船、『飛鳥2』を所有、運行する郵船クルーズ蠅らツアーパンフレットが届きます。今回は、今秋以降に出発となるクルーズパッケージツアーのパンフレットでした。

 

     送られてきたパンフレットです(表紙部分)

 

 世界一周120日間のツアーともなればエコノミーでも軽く500万円を超える豪華客船。今回のクルーズパッケージツアーは、南西諸島の国内でしたが、それでも石垣島・竹富島・小浜島の三島8日間の料金は34万7,000円から91万7,000円となっています。

 

 逆さにしても鼻血も出ない身、この金銭面に加え、冠婚葬祭時以外、出動態勢が求められる市議会議員という職業からして、宿泊を伴うプライベート旅行は限りなく不可能です。

 

 という状況ですが、実は3年ほど前、一度だけ乗船。これ以降、パンフレットが送られてくるようになりました。

 

 その一度だけの乗船は、富士市内の国際ネットの社会奉仕団体に所属する知人からの、こんな依頼によってです。

 

「今度、清水港に入港する『飛鳥2』で記念式典を行うことになった。記念誌及び記録係を担当することになったが写真とビデオの撮影者がいなくて困っている。協力してもらえないか…」

 

「プロに依頼すれば…」と断ったものの、富士から清水への出張撮影とあって「受けてくれる人がいない」。で、久しく使用していないカメラ、ビデオ、三脚などを準備して清水港へ…となった次第。

 

 式典前には船内の見学会もあり、「凄い!」の一言に尽きる豪華さ。「1年を超える長期乗船者もいます」の説明には、驚きとともに「世の中、金と暇のある人がいるもんだなぁ〜」でした。

 

 清水港の停泊中に式典、その後、社会奉仕団体の一行は出港し、夜間クルーズを楽しみながら横浜港へ。「こちらは…」といえば式典後に下船、港で一行を見送っています。

 

 つまり、乗船したものの“乗っただけ”です。

 

 それでも貴重な体験、そして、「いつか『飛鳥2』で世界一周に…」の夢を抱くことができました。多分、夢のままで、人生、終わってしまうと思いますが…。

 

| - | 21:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT