<< 長島宗深住職のエッセー『いのちのあかり』 | main | 富士市議会9月定例会が7日に開会します >>
きょう9月1日、『防災の日』。自主防災会の訓練も行われました

 きょう9月1日は『防災の日』、富士市では防災機関あげての総合防災訓練が行われ、これに呼応して地域の自主防災会の多くも訓練を行いました。

 

 訓練想定は、「午前8時30分に震度6強の地震発生、大津波警報も発令」で、市議会議員の役割は、「午前9時までに地区対策本部が設置されるまちづくりセンターに所在を連絡するほか、それぞれの地域訓練に参加」でした。

 

 自分の所在区である鷹岡地区の厚原西区は、1,000世帯を超えることから二つの自主防災会が組織されており、まず、役員の集合時間である午前8時に自宅が入る厚原西第2自主防災会の訓練会場である公会堂駐車場へ。しばらく訓練に参加し、その状況も把握。この後、鷹岡まちづくりセンターに出向き、厚原西第1自主防災会の訓練会場である曽我八幡宮へ。その通過路線上にある久沢東区の訓練会場も視察して…というスケジュールを組み、防災服に身を包み、ヘルメットを手に、「いざ!、出陣」。

 

 ところが、鷹岡まちづくりセンターに出向き、鷹岡地区の訓練状況を聞くと、9月1日前後の日曜日に訓練を行う自主防災会も多く、この日、視察を予定していた久沢東自主防災も「9月4日の日曜日に開催することになっている」とのことでした。

 

 こうした状況から、9月1日に足並みを揃えて訓練を行っていた数年前、小中学生も学校に、一旦、登校した後に集団で所在区の自主防災会の訓練に参加していたものが参加できなくなっています。

 

 鷹岡地区の区長会では、来年から従来の9月1日一斉開催の方針を打ち出しており、小中学生の自主防災会訓練への参加が復活しそうです。

 

 第2自主防災会では開会時、第1自主防災会では終了時に「議員、一言」とマイクを手渡されたので、「災害時には、自助、公助に加えて共助が重要。支え合う、地域をみんなで創りましよう」といった事を話してきました。

 

 皆さん、暑い中、ご苦労様でした。

 

 以下に訓練状況の写真をアップします。

 

     まず、参加者氏名を申し出(第2自主防災会)

 

         訓練内容を周知(第2自主防災会)

 

         炊き出し訓練(第2自主防災会)

 

          救護訓練(第2自主防災会)

 

   地域を巡回しての避難誘導訓練(第2自主防災会)

 

   避難誘導訓練では消火器をチェック(第2自主防災会)

 

    消火栓も蓋を開けてチェック(第2自主防災会)

 

         炊き出し訓練(第1自主防災会)

 

      リヤカーによる避難訓練(第1自主防災会)

 

      訓練終了時の講評です(第1自主防災会)

 

 

「防災の日」とは…

 台風・高潮・地震などの災害に対する認識を深め、平時の備えについて確認する日。大正12年(1923年)9月1日に関東大震災が起きたこと、また、暦の上で台風の多い210日に当たることから昭和35年(1960年)に9月1日が『防災の日』と定められた。

| - | 16:57 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT