<< 富士市が登場させた若者世帯流出抑制施策「まちなかU−40」とは… | main | 富士市議会9月定例会の一般質問、22人が発言を通告しました >>
富士市議会9月定例会、決算認定案など審査中です

 富士市議会9月定例会8日目の、きょう14日は一般・特別会計決算委員会が開かれ、12日から三日間にわたっての平成27年度の一般会計歳入歳出決算認定案1件と国民健康保険事業などの特別会計決算認定案18件、計19件の審査が終了、採決の結果、17件は全会一致で可決、2件は反対があったことから規律採決となるも反対少数で可決、認定と決しました。

 

 反対があった2件は、認第1号の一般会計歳入歳出決算認定案と、認第4号の介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定案です。

 

 16日と20日には、企業会計決算委員会が開かれ、平成27年度の水道事業、公共下水道事業、病院事業の3つの企業会計決算認定案、それに水道事業会計と公共下水道事業会計の剰余金処分案の計5件の審査を行うことになっています。

 

        決算認定案などの一覧です

 

 委員会審査結果の採決は、共に23日の本会議が予定され、このあと補正予算や市民各層からの請願・陳情などの審査、そして一般質問と、定例会最終日の10月7日まで、本会議場や委員会室での“缶詰状態”が続くことになります。

 

 こう記すと、「議会休会日となる土、日や祝日があるじゃないか」と言われそうですが、この時期、「中学校体育祭」、「健康まつり」、「敬老会」、「地区体育祭」などのイベントが相次ぎ、これにプライベートで招かれているコンサートなどもあり、市内を飛び回ることになっています。

 

 そのうち「地区体育祭」は、一人舞台の場となる一般質問が開始される前日、10月2日の日曜日開催が多く、選手として参加する議員もいることから「ケガをしないように…、無理しないようにしようぜ!」なんて言葉を議員間で交わしています。

 

 でも、地区の方々の衆目が集まる場、仕事柄、「年齢それなりにマイペースで…」とはいかず、自分も、ちょっと心配。

 

 ある議員の、こんな言葉に納得です。

 

「地区体育祭に弁論を競う種目があれば、いいんだけどネ〜」

 

| - | 21:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT