<< 福祉向上の功労者を称える富士市社会福祉大会が開かれました | main | 貴重な体験、下水道管埋設工事 >>
富士市の貴重な史実、密教寺院の東泉院が浮上!

 富士市には、戦国時代から明治の初めまで真言密教寺院の富士山東泉院が存在しました。それを今に伝える宝蔵が吉原公園の整備の一環として修復され、11月3日から一般公開されました。

 この一般公開を前に郷土史家などに向けての内覧会が開かれ、市議会議員にも案内状が届いたので、心をときめかせて行ってきました。

 

 以下は、その報告です。

 

整備が終了した吉原公園、中央にあるのが修復終了の東泉院の宝蔵です

 

 

まず、東泉院とは…

 

 正式名称は「富士山東泉院(ふじさんとうせんいん)」。明治の初めまで富士市今泉8丁目に位置する六所家が管理していた真言密教寺院。

 下方五社(三日市場の富知六所浅間神社、今泉の日吉浅間神社、原田の滝川神社、今宮の浅間神社、入山瀬の浅間神社)を管理、その代表者は五社別当と呼ばれていました。

 

 東泉院が五社別当として確認できる最初の史料は、天文16年(1547年)8月19日付けの今川義元判物で、その後、近世においても五社の神領は東泉院が管理、さらに中野村、一色村、神戸村、今宮村、それに今泉村と伝法村の一部も豊臣政権以降、江戸時代を通じて朱印領として認められていました。

 

 しかし、明治に入っての廃仏毀釈により東泉院は廃寺、歴史上から忽然と消えることを余儀なくされています。

 

 

その歴史的な価値とは…

 

 明治の初めに東泉院は、歴史上から忽然と消えたものの郷土史家の間では、富士山が世界文化遺産に登録されたポイントとなった富士山信仰について「その拠点となった寺院」とされていました。

 

 それが立証されたのは、東泉院の五社別当の末裔である六所家から、東泉院の存在を今に伝える、その屋敷跡に残された宝蔵と、宝蔵に保存されていた史料が平成18年に富士市に寄贈され、史料の調査研究が進められた結果です。

 

 宝蔵からは、富士市発祥のかぐや姫伝説を記す書物『富士山大縁起(巻子本)』が発見されたほか、史料からは江戸時代に相模中原、駿河田中と並ぶ“三所の酢”として有名な銘柄で、徳川家康も好んだと言われる善徳寺酢の製造に東泉院が深く携わっていたこと(延宝7年末正月付『覚』より)、文久3年(1863年)に第14代将軍、徳川家茂が東泉院を訪れたこと(『昭徳院殿御上洛日次記』より)なども明らかになっています。

 

 さらに、史料には、江戸時代の元文5年(1740年)に作成され、安永7年(1778年)に写された東泉院の境内が描かれた絵図もあり、現在、日吉浅間神社のある場所には壮大な本堂(御祈祷所)が存在していたことが明らかになっています。

 

 

現代に甦った東泉院

 

 市では、史料の調査研究と並行して平26年から総工事費約1,500万円を投じて東泉院を今に伝える宝蔵の修復工事を進め、このほど終了。吉原公園の整備の一環としての修復であることから史跡公園の中に存在という恰好です。

 明治に入っての寺院施設取り壊しの廃仏毀釈により現存するのは、かつての五所別当の末裔である六所家の屋敷跡に残された蔵だけとはいえ、収蔵されていた史料の調査研究も含めて富士市の貴重な史実である密教寺院の東泉院が現代に浮上、甦ったことは間違いありません。

 

 故に、心をときめかせ、期待を抱いて内覧会に出向いたのですが…。

 

 修復を終了した宝蔵は木造2階建て、延べ床面積66.1平方叩F睇瑤盡開されていたものの見学できるのは1階のみで、注目の史料はパネルのみ。本物は『富士山かぐや姫ミュージアム(市立博物館)』で所蔵。ガッカリしたものの、「管理上の問題があるので…」との説明を受ければ、「それもそうだな」でした。

 

東泉院跡地を伝える掲示板です

 

修繕が終了した宝蔵です

 

宝蔵の内部です

 

内部では学芸員の方(中央)から説明を受けました

 

 いずれにせよ、現代に甦った東泉院を、今後、どう活用し、富士山が世界文化遺産に登録されたポイントとなった富士山信仰の拠点となった寺院との社会的認証に結び付けていくかが注目され、期待されるところです。

 

 11月3日に始まった一般公開は、吉原公園の開錠、施錠に合わせて午前9時から午後5時まで。年中無休。宝蔵の見学も無料。問い合わせは文化振興課(筍娃毅苅機檻毅機檻横牽沓機法

 

宝蔵のある吉原公園への案内図です

| - | 20:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT