<< 富士市出身の偉大なるプロ野球選手・指導者の加藤初氏逝く | main | まちづくり新聞『たかおか』の第30号が発行されました >>
天皇陛下、83歳の誕生日を迎えて…

 きょう12月23日は『天皇誕生日』です。

 

 今年8月に退位の実現に思いを示した陛下のビデオメッセージの公表以降、退位の是非、さらに天皇制の是非まで、さまざまな意見が噴出。メディアの報道合戦も過熱気味でした。

 

 こんな中でお迎えになられた83歳の誕生日。今朝の購読紙に、誕生日に先立ち皇居・宮殿で行われた記者会見の様子や、その会見要旨が掲載されていたものの社会面の4段記事、1面トップは『糸魚川大火』でした。

 

 たまたま新潟県糸魚川市で140棟を焼く大火が発生、それゆえの扱いなのかもしれませんが、自分的には、退位をめぐる意見が噴出、それを伝えるメディアの在り方も問われる中、客観的報道姿勢の原点に立ち返っての扱い…、そんな思いで受け止めています。

 その思いは、天皇陛下の記者会見での発言を淡々と伝える記事からも読み取ってのことです。

 

掲載された記事です(購読紙の『静岡新聞』より)

 

 天皇制については、若い頃から関心があり、退位問題を伝える新聞記事やテレビニュースに注目。メッセージ発表後、政府は「発言されたことを重く受け止めた」(安倍晋三首相)として退位問題をめぐる有識者会議を設置、これまでに専門家からヒアリングを実施するなどして法整備の議論を進め、「対象を平成天皇陛下一代に限る特別法を軸に検討、来年の通常国会での成立を目指す」とされています。

 

 誕生日を伝える記事中には、陛下が記者会見で発した、ビデオメッセージの公表や、その後の国民の受け止めに対しての、こんな言葉も掲載されています。

 

「多くの人々が耳を傾け、おのおの立場で親身に考えてくれていることに深く感謝しています」

 

 ビデオメッセージで退位の意思を示し、それを受けて政府が動き出していることを、外野でゴチャゴチャ言わず、静かに受け止めたいと思っています。

 戦後の“天皇人間宣言”(昭和21年1日1日の昭和天皇の詔書)を尊重し、陛下におかれては83歳という年齢を踏まえて公務に臨むことを願っています。

| - | 20:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT