<< 指定避難所の運営、先生も職務で参画へ | main | 南京大虐殺の歴史認識をめぐってアパホテルvs中国政府 >>
大相撲・稀勢の里が初V

 今夜のNHK総合テレビのスポーツニュースを観て感じたことは、「人生には、努力を重ねても運、不運があり、また、誤解もあるもの。大関稀勢の里が、その典型だ」。大相撲を通して人生学も学んだ一夜でした。

 

 テレビは、大相撲初場所千秋楽が、きょう1月22日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、大関稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が横綱白鵬をすくい投げで破り14勝1敗とし、場所後の横綱昇進をほぼ確定させたことを伝えました。14日目に白鵬が3敗に後退したことで千秋楽を待たずに初優勝を決めていました。

 

 稀勢の里は昨年、年間最多勝と安定。初場所14日目に初優勝を果たしたことで、日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)や横綱審議委員会(横審)の守屋秀繁委員長(千葉大名誉教授)は昇進に前向きな意向を示しています。

 

 相撲協会は14勝1敗で初優勝した稀勢の里の横綱昇進について、23日に開かれる横審へ諮問。横審では委員の3分の2以上の賛成があれば横綱に推挙が決まり、25日の春場所番付編成会議後に開く理事会で「第72代横綱稀勢の里」が正式に誕生することになります。

 日本出身の横綱誕生となれば、平成10年夏場所後に三代目若乃花が昇格して以来、実に19年ぶりとなります。

 

 大相撲は、スポーツの中で「中くらいに好き」という程度ですが、稀勢の里について、その存在が常に気になっていました。

 

 身長188センチ、体重175キロ活かして安定した成績を残し、「近く横綱に…」とされていたものの、綱取り場所では不覚を重ね、幕内での優勝次点が実に12回を数えていました。

 入門から15年間で休場が1回だけという点も含め、「人生には、努力を重ねても運、不運があり、稀勢の里は、その不運の人」で、ここ1、2年、「また、優勝次点ならば体力の限界を理由に引退してしまうのでは…」、そんな観測もしていました。

 

 しかし、諦めることなく土俵に立ち続け、そして初優勝、横綱への昇進確実。日本出身の横綱誕生となれば19年ぶりとなることに関係なく、稀勢の里の相撲魂に最敬礼です。

 

 さらに、今夜のテレビ生出演、テレビから流れてくるのは、これまで稀勢の里に抱いていた「無口で、仏頂面」は誤解、饒舌で時折り浮かべる笑顔、そして両親への感謝の思い、好感度100%でした。

 

 冷静に考えれば、「いつもニコニコ、社交的で、人をヨイショする人」が、案外、裏表があって「裏切られた」といったこと、ありますよネ。

 

 少し大袈裟かもしれませんが、大相撲を通して人生学を学んだ、そんな感じです。別段、大相撲だけでなくスポーツ全般にいえることですが…。

 

 稀勢の里の今後に注目、期待される成績を残せなくてもエールを送っていこうと決めています。十分に横綱並の結果を土表に刻んできた、そう思うからです。

 

 以下の写真はテレビ画面から撮影したものです。

 

 

 

 

| - | 23:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT