<< 富士市議会2月定例会を前に重要案件の事前報告相次ぐ | main | 展開中です。『絶景★富士山 まるごと岩本山』 >>
富士市が新年度(平成29年度)予算案を内示しました

 富士市議会の議会運営委員会(以下、議運)が、きょう2月8日に開かれ、15日に招集される2月定例会の日程を協議、会期を3月22日までの36日間と決定しました。

 

 議運では、当局が2月定例会に上程を予定する議案を報告、その中では新年度(平成29年度)予算案も“内示”という形で発表。一般会計、特別会計、企業会計の会計間相互の繰入・歳出を相殺しない総額は1685億0398万6千円、前年度当初に比べ金額で19億9019万6千円、率で1.2%減です。

 

 この新年度予算案を当局は、「人口減少、公共施設やインフラの老朽化、社会保障及び医療関係経費の増嵩など喫緊の課題は多く、これらの対策に要する経費も多額になるため、依然として厳しい状況が続いている」とした上で、「このような状況のもと、健全財政を維持しながら、新たに設定したブランドメッセージ『いただきへの、はじまり 富士市』を市内外に向けて発信すべく、将来を見据えた効果的な諸施策を各分野において積極果敢に実施する予算を編成した」としています。

 

 注目の生活密着予算である一般会計の規模は807億円。前年度に比べて金額で23億円、率で2.8%減の“マイナス予算”となっています。

 

 小長井市政は、新年度が1期最終4年目で、通常、「生活密着予算である一般会計は大盤振る舞いに…」とされる中での前年度対比、“マイナス予算”。

 それなりの理由があり、その理由を「市有土地売却に伴う公共建築物保全基金への積立金や、吉原第二中学校、吉原東中学校の屋内運動場改築完了などのための投資的経費が減少したため」としています。

 

 一般会計の歳入の柱である市税総額は463億5250万円で、市税のうち市民税は景気回復基調に伴う個人所得の増や、企業収益の改善により増収。固定資産税も家屋の新増築の増や、大規模な設備投資などによる増収となり、その増収規模は前年度対比、金額で9億8060万円、率で2.2%の伸びとなっています。

 

 予算に対する市税の構成比率は、予算規模が前年度対比2.8%のマイナスになりながら市税が同2.2%の伸びとなったことにより、57.4%に…。前年度(54.7%)に比べて3.0ポイントアップ、富士市の財政健全度は、より一層高まっています。

 

 この新年度予算案の上程は2月22日、委員会付託とし、その採決は定例会最終日の3月22日が予定されています。

 また、新年度予算案の上程にあたっての平成29年度市長施政方針演説は定例会初日の2月15日に予定されています。

 

 多分、見にくいと思いますが、以下に配布を受けた平成29年度各種会計予算総括表をアップします。

 

| - | 22:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT