<< 介護サービス研究会に参加&あす26日、天間と岩松北で梅まつり | main | 富士市議会2月定例会、3月3日から論戦開始! >>
天間地区の『梅まつり』に行ってきました

「梅花よりも桜花シーズンでは…」、そんな感じの好天に恵まれた、きょう2月26日の日曜日、富士市の天間地区でまちづくりイベント、『梅まつり』が、まちづくりセンターを会場に開かれました。

 自分の所在区は鷹岡地区ですが、近隣地区の市議会議員は互いに来賓として招待。で、早朝の公園清掃を途中から抜け出し、開会式に間に合わせるべく会場へ。多くの感動に出会ってきました。

 

DSC_1395.JPG

会場は梅の花が“満開”でした

 

DSC_1380.JPG

開会式前のオープニングでは天間太鼓保存会と鷹岡中学校吹奏楽部の演奏が…

 

『梅まつり』は、天間地区まちづくり協議会(加藤鷁馗后砲稜間最大イベント。梅の開花に合わせ、毎年、この時期に開いているもので、今年で30回目です。

 

 30回記念として取り組み、加藤会長は開会式の挨拶で、2月4日に富士市が決定・発表した理想のまちに向けてのブランドメッセージ『いただきへの、はじまり』を取り上げながら「次の30周年に向けて富士市で1番幸せな地区・天間を目指しましょう」と力強く呼び掛けました。

 

 この開会式では、7月から実証実験のスタートが予定されているコミュニティバスの愛称披露も行われ、愛称名は『てんま―る』でした。

 

DSC_1381.JPG

コミュニティバスの愛称名の披露です

 

 30回記念に位置付けての開催とあって出店、展示、ステージそれぞれにボリュームアップ、地区の熱意が随所に光り、会場の雰囲気もホッカホカでした。

 

DSC_1412.JPG

会場は、人、人、人…でした

 

Point Blur_20170226_144613.jpg

各種出店が並んでいました

 

DSC_1390.JPG

市職員は伊豆産の“ひもの”を販売、写真は試食用です

 

 この『梅まつり』の午後の部のステージには自分の娘2人が主宰するチアダンス『C−STAR(シースター)スタジオ』がゲスト出演することになっており、異常接近する目的不明瞭の“カメラ小僧”の監視役を担う予定でしたが、急遽、午後から私用が入り、1時間余で失礼してきました。

 

 混雑しているまつり会場から去る際、天間地区在住の第31代かぐや姫クイーン、清美晴さんをモデルにした写真撮影会が行われていたことからしばし足を止めてスマフォで撮影。すると、カメラ仲間の知り合いが「海野議員、ツーショットを」と申し出てくれたので、スマフォを手渡して撮影していただきました。

 

DSC_1389.JPG

かぐや姫をモデルにした写真撮影会です

 

DSC_1405.JPG

 

 こうした場面、カメラ軍団から「邪魔だ!」の声が出る前にさっと切り上げるのが撮影ルール。で、「邪魔だ!」の声が出ず、ヤレヤレでした。

 

 かぐや姫クイーンの清さんは、昨年7月の『富士まつり』でデビュー。その際、お会いして、その時も同僚議員に頼んでツーショット。それを話すと思い出したらしく、満面に笑みを浮かべてくれましたが、1年近くのかぐや姫役で外見に加えて内面も輝きを増した、そんな印象を受けました。

 清さんは「今年成人式を迎えました」。20歳の若い人が富士市のために頑張っていることに、ただただ頭が下がる思いでした。

 

 富士市内では26日、岩松北地区も岩本山公園を会場に『梅まつり』を開き、今後は『桜まつり』にバトンタッチ。自分の所在区の鷹岡地区では4月1日の土曜日に富士西公園を会場に『桜まつり』を開催、初の試みとして曽我兄弟の歴史継承の狙いを込め、鷹岡中学生の協力を得ての武者行列を繰り出すことになっています。

| - | 17:39 | comments(4) | - |
コメント
こんばんは。梅まつりのにぎやかな様子が伝わってきました。かぐや姫クイーンの方も、着物がとてもいい雰囲気になっています。ちらっと訪れてみましたが、いろんな方がカメラを構えており、中には職人気質なオーラが出ている方もいて、すごいと思いました。来年も、いろんな角度から撮影してみたいと思います。
| こおろぎ | 2017/02/26 8:54 PM |
こおろぎさん、コメント、ありがとう、ございました。小生も天間地区のパワーを感じた『梅まつり』でした。
| 海野しょうぞうです | 2017/02/26 11:04 PM |
こんばんは。梅まつりの写真を見に行ってみました。いろんな人々の写真が展示されており、鏡開きや、かぐや姫、チアダンスなど、祭りの雰囲気がよみがえってきました。自分もコンクールに出してみまして、選外になってしまいましたが、さくら祭りや来年の祭りで、いろんなアングルで撮影したいと思いました。
| こおろぎ | 2017/03/15 10:04 PM |
こおろぎさん、コメントをお寄せ下さり、ありがとう、ございました。コンクール、挑戦を続けて下さい。写真は感性の芸術、審査員の目が変われば、評価されることも多々ですよ。
| 海野しょうぞうです | 2017/03/15 11:02 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT