<< 幽玄な日本の美、ライトアップ、鷹岡地区の潤井川左岸の桜並木 | main | 人生、いろいろあら〜な、です >>
鷹岡地区の『さくら祭り』、あす4月2日開催へ

 まずもって、このブログの記事、エイプリルフール(April Fools' Day)とは関係のない、事実の記事です。

 

 きょう4月1日朝、所在区の富士市鷹岡地区にある富士西公園へ。ちょっと心配な事があって…。

 

DSC_1840.JPG

            富士西公園です

 

_20170401_132559.JPG

 桜花、ようやく、ちらほらと開花

 

 鷹岡地区のまちづくり協議会は、地区の年間最大イベントである『さくら祭り』を、きょう1日に開催する予定でしたが、天気予報をもとに先月30日の時点で、あす4月2日(日)に順延することを決定しました。

 

 地区の各世帯に配布した祭り開催を周知するチラシには、「雨天順延」と記してあったものの、今朝の天候は小雨。加えて新企画の曽我兄弟武者行列を打ち出したこともあって新聞などメディアが開催周知記事を掲載して下さったことから「祭り目当てに地区外から来場する方もいるのでは…」、そんな心配です。

 

 会場に出向くと、公園入口に「順延、あす4月2日開催」の張り紙があり、まちづくり協議会の役員の姿も…。

 

DSC_1783.JPG

       祭り順延を周知する張り紙です

 

DSC_1785.JPG

     小雨のため駐車場も“余裕あり”でした

 

 1時間ほど会場に滞在、「祭りに…」と訪れ、順延の張り紙を見入る方に「明日に延期になりました」と告げ、お詫びすると理解して下さい、声を荒げる方はいませんでした。

 

 ヤレヤレでした。

 

 あすの『さくら祭り』は、順延によりプラグラムの一部変更を余儀なくされたものの、曽我物語の史実を伝える新企画の曽我兄弟武者行列は、予定通り、午前9時に着付け会場の鷹岡まちづくりセンターを出発。会場入りは午前9時30分頃の予定です。

 開会式は、同じく『さくら祭り』を開く丘地区との時間重複を避けて当初予定より1時間遅らせ午前11時から。祭りのラストを飾る投げ餅は午後3時からです。

 

 

  富士西公園の新たな魅力発見

 

 富士西公園は静岡県富士市入山瀬に位置する緑地公園。面積は5.57ヘクタールで、新東名高速道路の高架下および、その西側に広がる緩やかな斜面で構成されています。

 

 桜の開花状況を知るためにカメラを手に公園内をしばし散策。祭りのメイン会場となる広場には白い大花弁の花が満開。決して自慢できることではないのですが、「花よりダンゴ人間」であるものの、その花は桜ではなくハクモクレンである、その程度のことは知っています。

 

 で、肝心の桜花は蕾(つぼみ)。「開花ゼロ」とガッカリしていると、挨拶を交わした公園の管理人の方が「公園北に三分咲きのソメイヨシノがあるよ」と教えて下さいました。

 

 このブログの冒頭にアップしたのが、その三分咲きのソメイヨシノです。

 

 ふと、見ると、すでに葉桜の桜が10本。「?」と見詰めると根もと付近に『河津桜 富士タカオカライオンズクラブ寄贈』の看板。

 さらに、種類は分からないものの、濃いピンクの桜花が満開…。

 

DSC_1810.JPG

              すでに葉桜

 

DSC_1806.JPG

        河津桜です

 

DSC_1812.JPG

           この種類は…「?」

 

 公園内には、富士山百景ポイントもあり、そのポイントから撮影した富士山眺望写真を組み込んだ案内板も…。

 

DSC_1795.JPG

   富士山百景ポイントです

 

DSC_1801.JPG

           ポイントの案内板

 

DSC_1803.JPG

      富士山眺望写真が組み込まれています

 

 富士西公園の新たな魅力発見でした。

| - | 21:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT