<< 洋画家、池田信一先生の2017個展が開かれています | main | 人口減少時代の中で注目すべき静岡市の挑戦! >>
「UNIONE」の「YUUKI君」、知っていますか…?

 失礼ですが、2015年12月14日に結成され、大ブレーク中の男性5人ボーカルユイットのUNIONE(ユニオネ)って知っていますか。メンバーの1人が富士市出身者で、4月5日に東京ドームで開かれた『美空ひばり生誕80周年記念不死鳥コンサート2017』に出演。そのコンサートがTBSテレビで明日4月10日(月)午後7時00分から同10時54分までスペシャル番組として、BS―TBSでも6月18日(日)午後3時00分から同7時54分まで放送される予定です。

 

1000x668xa8f6d1980cc9e547c2610ab.jpg

UNIONE(ユニオネ)のメンバーです。左から2人目が富士市出身者のYUUKI(ユウキ)君です

 

 ネット情報によれば、UNIONEの所属事務所はBiKuu Project、レーベル(レコード会社)はSME Records。メンバー全員がメインボーカルを担い、その抜群の歌唱力によってYouTubeカヴァー動画で話題となり、結成8カ月というスピードでシングル「One Sided Love」でメジャーデビュー。以後、大ブレークし、全てのワンマンライブは即日に完売。

 富士市出身者はYUUKI(ユウキ)君、本名は佐野勇貴。1993年3月22日生まれ、身長165センチ、体重51キロ、血液型はB型。趣味は、「ゲーム」「お笑い番組の鑑賞」「ものまね」など、特技は「スノーボード」と「サッカー」。絶対音感の持ち主、とのことです。

 

yuuki.jpg

  YUUKI(ユウキ)君です

 

 決して自慢できることではありませんが、自分は還暦過ぎのオジン、加えてテレビ・ラジオの歌番組には興味なしで、昨年末まで「UNIONE」も「YUUKI君」も「全く知らん」でした。

 

 昨年末、我が家にYUUKI君と、市内大渕にお住まいのご家族が「年末のご挨拶に…」と訪れ、あれこれ説明を受け「エッ!」でした。

 

 我が家の家族のうち、妻とYUUKI君のお母さんは料理の師弟関係(もちろん先生はYUUKI君のお母さん)、チアダンススタジオのC−STAR(シースター)を主宰する娘2人はYUUKI君のお父さんが取り組んでいた、心臓疾患のお子さんが生存するのに唯一残された外科手術を米国で受けさせるための募金活動に賛同、スタジオあげて協力していました。

 その事は知っていたのですが、YUUKI君の存在と、その活躍は全く知らず、よって「エッ!」でした。

 

 もちろん、妻と娘2人はYUUKI君を知っており、富士市の応援団といったところ。年末の我が家への来訪も妻と娘2人への挨拶でした。

 

 よって来訪時、自分は刺身でいえばツマのような立場であったのですが、YUUKI君とあれこれ会話。「世界に通用するミュージシャンになりたい」「ユニット5人中、韓国籍が1人、日本とフィリピンのハーフが1人。韓国の音楽レベルは極めて高く、刺激を受けている」などと熱っぽい口調で抱負などを話してくれました。

 

 冒頭に記した4月5日の東京ドームで開かれた『美空ひばり生誕80周年記念不死鳥コンサート2017』は、五木ひろし、天童よしみ、坂本冬美、氷川きよし、さだまさし、堀内孝雄など日本歌謡界の大御所が出演。このほか、AKBやゴズペラース、May Jなどニューミュージック系の若手も出演し、美空びばり曲と、それぞれの持ち歌を熱唱。このビッグステージにデビュー間もないYUUKI君が所属するUNIONEが立ったことは、それだけ将来性と歌唱力が認められた結果、そう受け止めています。

 

 このテレビ放送予定を含む芸能情報、妻が応援団を大きく踏み込んだ、YUUKI君が所属するUNIONEの“追っかけ”となり、東京ドームのコンサートにも心弾ませて出掛け、持ち帰ったものです。

 

CCFn20170407.jpg

  東京ドームコンサートのチラシです

 

 今後のYUUKI君の活躍が楽しみです。「大成したら富士市の観光大使に…」なんてことを思っています。

「いや、現時点での活躍をもって、その実現を目指したい」、市にアプローチしてみます。

 

 ここにアップした動画、全曲をネットで視聴できます。

https://trendybaru.com/12093.html

 

| - | 21:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT