<< 人口減少時代の中で注目すべき静岡市の挑戦! | main | 仰天の誕生祝いメッセージ、恐縮、感謝多々です! >>
きょう13日、研修に出掛けます。その前にお詫びを…

【きょう13日、研修に出掛けます。その前にお詫びを…】

 

 きょう4月13日、会派研修で滋賀県に出掛けます。そのご報告に前に、お詫びを…。

 

 9日のブログ&フェイスブックに大ブレーク中の男性5人ボーカルユイット、UNIONE(ユニオネ)のメンバーの1人が富士市出身者であること、そして4月5日に東京ドームで開かれた『美空ひばり生誕80周年記念不死鳥コンサート2017』に出演し、そのコンサートの模様がTBSテレビで10日夜、スペシャル番組として放送される予定であることを記したのですが、コメントや電話で「テレビを視聴したのにUNIONEは出演していなかった」とお叱りを受けました。

 

 UNIONEがコンサートに出演したことは“追っかけ”である妻がコンサートに参加しているだけに間違いなく、また、テレビ放映は持ち帰ったコンサートチラシに記されていました。

 

 にもかかわらず「出演しなかった」は、放映編集でカットされたようで、自分もテレビを視聴したのですが、UNIONEのほかにもカットされた歌手(グループ)がいました。

 

 入手した情報によれば、10日夜に続く6月18日(日)午後3時00分から同7時54分までの放送では「コンサートの全容が放送される」とのことです。ただし放送局は「BS―TBS」です。

 

 

【研修会場はJIAMです】

 

 さて、きょう13日からの会派研修の会場は滋賀県大津市にある公益財団法人全国市町村研修財団が運営する全国市町村国際文化研修所(通称名は英語表記のJapan Intercultural Academy of Municipalitiesの頭文字をとってJIAM=ジャイアム)です。

 

DSC06941.JPG

※ここにアップした写真、昨年7月のJIAM研修時。バックにある建物がJIAMの玄関口部分です

 

 13日から14日にかけての1泊2日で次の4講座を受講してきます。

 

講座名 「大震災を乗り越え、未来を築く」(講師:南相馬市長 桜井勝延氏)

 

講座名 「世界情勢と地域経済」(講師:SMBCフレンド証券蠹蟷饐霾麌凜繊璽侫好肇薀謄献好 松野利彦氏)

 

講座名 「デジタルでメディアはどう変わったか〜地域振興と情報発信〜」(講師:蟾崔娘丗莪貉業戦略部長兼デジタルソリューション部担当部長兼現代ジビネスGM 瀬尾傑氏)

 

講座名 「市町村議会の活性化に向けて」(講師:地方公共団体情報システム機構理事長 西尾勝氏)

 

CCFn120170411.jpg

 

 講座名だけで頭がクラクラするようなものもありますが、頑張って受講、その成果を今後の議員活動に活かします。

 

 

【JIAMの研修とは…】

 

 JIAMは、全国市長会及び全国町村会、総務省をはじめとする関係省庁、諸機関の協力・支援のもと「公益財団法人全国市町村研修財団が設置し、運営。その目的は、「分権型社会を担い、時代の変化にも柔軟に対応できる意欲と能力を兼ね備えた人材の育成を他の研修機関等とも連携を取りつつ専門的、かつ科学的に行うことにより、全国の市町村の人材の育成を更に推進し、地域の振興と住民福祉の向上させる」です。

 

 東京や名古屋など大都市では民間シンクタンクや大学系の地方議員向けの研修が数多く開かれるものの受講料がかなりの高額。これに対してJIAMの研修は公的機関が主催していることから宿泊付きで低額。

 

 ただし、講座そのものは、民間シンクタンクや大学系と遜色はないのですが、宿泊面は食事も含め料金それなりです。

 

 事前に送付を受けた受講にあたっての“留意事項”には、「宿泊室のベッドメイキングは各自で…」と記され、「ゆかた(パジャマ)、歯ブラシ、歯磨き粉、歯磨き用コップ、タオル・バスタオル、石鹸、室内用スリッパは各自でご準備を」です。

 キャンプに行くような準備が必要ですが、1泊2日の講座&宿泊の料金が6650円であり、この料金からして「当然だ」と受け止めています。

 

4CCFn20170411.jpg

 

1CCFn20170411.jpg

 

 このJIAMへの研修参加、市議会議員に就任した際に所属した会派の先輩議員、Мさんから「うちの会派は年に1回以上、参加することになっている」と言われ、以後、参加を続けています。

 

 その先輩議員のМさん、2年前の改選時に勇退していますが、話された以下の2点の参加理由を自分への戒めとして、今もしっかりと脳裏に刻んでいます。

 

「JIAMの研修に参加する議員の多くは、政務活動費が低額、あるいは政務活動費そのものがなく交通費も含め全額自費で参加する町村の議員。それゆえ受講姿勢は素晴らしく、議員として刺激を受け、学ぶべき点も多い」

 

「定員に達しない研修も出始めているようだ。この種の公的研修所は、切り捨て(廃止)の対象になる不安がある。富士市議会の政務活動費は、人口類似都市に比べて高額ではないものの、支給されていることをありがたく思い、多少の不便はあっても参加、研修所存続への一助となりたい」

 

| - | 05:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT