<< 静岡県知事選挙、川勝知事が3選出馬へ…!? | main | 経済面からも脱原発へ! >>
オススメイベント、ロゼで『花のシンフォニー展』が開幕しました

 富士市フラワーデザイナー研究連盟(土屋とき江会長)の年1回の定期展『花のシンフォニー展』が、きょう4月21日、同市蓼原町のロゼシアター展示室で開幕しました。42回目の定期展。23日(日)まで。午前10時から午後7時、最終日23日は午後5時まで。入場無料の、感動が得られるオススメイベントです。

 

DSC_1934.JPG

歓迎看板です(ロゼ展示室入口)

 

 前職の記者時代、周年記念事業のフラワーパフォーマンスステージの企画・演出や進行をお手伝いさせていただいた関係で、毎回、案内状が届き、きょう21日午後からの消防防災庁舎で開かれる『保護司会総会』への出席を前に立ち寄ってきました。

 

 会場に着くと土屋会長がおり、あれこれと…。「昨年はフレッシュ(生花)、今年はアートで会場を埋めました」。アート作品とは、「布などの素材を使用して作りあげた作品」とのことです。

 

 作品テーマを“ガーデン of 3776”とし、その狙いは「ガーデンと富士山との調和」。巨大な富士山を中央に配し、メンバー50人余が共同作業で作り上げた和風、洋風、チャイルドなど8つのガーデンが来場者を迎えてくれます。

 

DSC_1937.JPG

       和風ガーデン、『緑と花の宴』

 

DSC_1938.JPG

  洋風ガーデン、『ようこそ花たちが織りなす楽園へ』

 

DSC_1952.JPG

    チャイルドガーデン、『孫との遊びの中で』

 

 決して自慢できることではありませんが、自分は自他ともに認める「花よりダンゴ人間」であるものの、近寄っても「本物、フレッシュでは…?」と見紛うほどの作品群に圧倒されます。

 

 

     このほか、こんなガーデンが…

 

DSC_1945.JPG

 

DSC_1942.JPG

 

DSC_1941.JPG

 

 期間中、午前10時30分から先着15人のアートフラワー体験も。材料費1000円で、「母の日に向けてのカーネーション作り、30分程度で仕上げることができます」とのことでした。

 

DSC_1949.JPG

           体験コーナーです

 

 自分は、とっくの昔に母を失っているため、挑戦はしませんでしたが、体験者と指導にあたる会員は、笑みを浮かべての会話が交わされており、“ふれあいの花”が咲く、もう一つのガーデンを見る思いでした。

| - | 22:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT