<< 北の脅威と領土問題の中での富士市日中友好協会の総会 | main | 第29回鷹岡地区さくら祭り写真コンの表彰式が開かれました >>
富士山とバラをたのしもう!、21日に『博物館まつり』

 先日、市役所からの帰路、富士市伝法の広見公園内にある市立博物館へ。昨年、平成28年4月29日にリニューアル工事が終了し、愛称名を『富士山かぐや姫ミュージアム』とした、この市立博物館、入場が有料から無料に切り替わったこともあって来場者が急増しています。

 

「久々に富士市の歴史と文化にふれるために…」が主目的ではなく、21日に開かれる“富士山とバラをたのしもう”をキャッチコピーとした『博物館まつり』のチラシを入手するためにです。

 

CCFn1220170507.jpg

  『博物館まつり』のチラシです

 

 高齢者ふれあいサロンの場で、「今年は富士市の市民の花・バラの開花が遅れていましたが、中央公園のバラは、ようやく満開に…。“富士にかかるバラの虹”をテーマに176種、約2000本のバラが植栽されている中央公園と並ぶ市内のバラの名所、広見公園も満開を迎えていると思いますよ。公園内にある市立博物館は昨年4月にリニューアルして愛称名が『富士山かぐや姫ミュージアム』となり、入場も有料から無料に…。21日には歓迎企画を満載した『博物館まつり』も開かれますよ。出掛けてみてはどうでしょうか」と推奨。

 

 すると、数人の方が「まつり、どんな内容…?」。

 

 内容を把握しておらず、返答に窮していると数人の方が「まつりのチラシ、頂戴よ!」。

 

 推奨した以上、「やるきゃない」。で、チラシの入手へ…となった次第です。

 

 公園駐車場に車を停めて市立博物館へ歩を進めたのですが、ふと、不安に…。「広見公園も満開を迎えていると思いますよ」と言った以上、その確認をしておかなければ、あのおばあちゃんたちに何と言われるか…。

 

 長い階段を登ってバラ園へ。

 

 決して自慢できることではないのですが、自分は「花」より「ダンゴ人間」ですが、こんな自分でも「凄い!」と心が躍るほどの満開でした。

 

DSC_2050.JPG

            バラ園です

 

DSC_2052.JPG

 

DSC_2051.JPG

 

DSC_2053.JPG

 

 21日の日曜日に開かれる『博物館まつり』は午前10時から午後2時30分まで。雨天決行。問い合わせは市立博物館(筍娃毅苅機檻横院檻械械牽亜法

| - | 23:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT