<< 市民パワー結集、よりよい高齢社会へ! | main | 富士市鈴川の石炭火力発電所を視察しました >>
中央図書館で『絵画楽作品展』が開幕!

 富士市永田北町の市立中央図書館分館市民ギャラリーで、きょう6月1日、絵画同好会「絵画楽(かいがら)」の作品展が開幕しました。平成9年に初の作品展を開催、以後、毎年開き、今回が20回目。会期は6月4日(日)まで。午前10時〜午後5時、最終日4日は午後4時で終了。入場無料。

 

DSC00062.JPG

 来場歓迎看板です

 

DSC00068.JPG

            作品展会場です

 

「絵画楽」は、平成5年に岩松公民館(現・岩松まちづくりセンター)が開講した成人学級の水彩画教室に学んだ受講生が「教室終了後も集い、描く楽しさを共有しよう」と発足。当時の講師は洋画家の佐野稔さん(故人)。現在は洋画家、太田昭さんの指導を受け、学習会のほか野外写生会にも取り組んでいます。

 

 会員に知人がおり、毎年、案内状をいただくことから初日のきょう1日、会場へ。

 

 20回目を迎えた今回展には、12人の会員が10号前後の近作40点余を出品。講師の太田さんも独特の構図と色彩を放つ富士山シリーズの2点を賛助出品しています。

 

DSC00065.JPG

講師の太田さんの作品➀『陽春富嶽』(部分)

 

DSC00064.JPG

講師の太田さんの作品◆愿珪詆抻痢戞壁分)

 

 作品は、多分、すべて水彩画。一部、アクリル画もあるかもしれませんが…。

 風景画が中心であるものの、「個々の表現を尊重するのが会の特徴」(代表の遠藤貞幸さん)というだけに、強烈な個性を放つ作品も見られ、作品群からは集い、描く楽しさが伝わってきます。

 

DSC00072.JPG

 代表の遠藤さんの作品『白川郷』(部分)

 

DSC00069.JPG

  会員の甲田一雄さんの作品『春を待つ合掌村』(部分)

 

DSC00080.JPG

   会場で…(係の方にシャッターを押してもらいました)

 

 問い合わせは代表の遠藤さん(筍娃毅苅機檻牽院檻隠僑苅后法「入会も歓迎」。

| - | 13:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT