<< 我が師、児島準一さんへの鎮魂譜 | main | 富士川楽座で鈴木道雄先生の『陶額展』が開幕! >>
富士市議会6月定例会の日程が決まりました。14日に開会。

 富士市議会の議会運営委員会(以下、「議運」という。)は、きょう7日、委員会を開き、14日に招集される6月定例会の日程を協議、会期を30日までの17日間と決定しました。

 

 6月定例会では、委員会条例の規定により任期1年となっている議運と常任委員会の選任が行われ、これに合わせて申し合わせで「常任委員会の任期に準ずる」となっている特別委員会の選任、さらに暗黙の規範で「議長は2年、副議長は1年」となっている正副議長選挙も見込まれています。

 

 正副議長の任期は、地方自治法で「議員の任期(4年)」と定められている中での任期途中の交代は、辞表を提出することよって法をクリア。よって正副議長選挙は、現在の正副議長が辞表を提出、これが前提となります。

 

 これら議会の新たな構成は定例会最終日の30日の予定です。

 

 議運で示された本定例会への当局提出予定議案は14件。その内訳は、条例案7件、報告案、人事案各2件、補正予算案、契約案、単行案各1件。

 

 人事案2件は、須津山財産委員会委員の選任承認案と、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求める案で、共に任期満了に伴うものです。

 

 補正予算案1件は、平成29年度の一般会計予算を歳入歳出それぞれ5、000万円追加。これにより当初からの累計額は807億5、000万円となります。

 歳入の主なものは、市債3、050万円、河川費補助金などの国庫支出金1、492万8千円、教育総務費委託金などの県支出金250万円。

 歳出の主なものは、河川改良費などの土木費が4、650万円、教育研究指定校事業費などの教育費が460万5千円、ユニバーサル就労推進事業費などの民生費が452万7千円。

 

 契約案1件は、富士南まちづくりセンター改築主体工事で、制限付き一般競争入札の結果、市内大手の遠藤建設が3億2、400万円で応札。一定額を超える金額、正式契約には議会の可決を必要とすることから上程されるものです。

 

 単行案は、財産取得案で、中央消防署に配置する水槽付消防ポンプ車1台を取得、その取得金額は4、590万円となっています。

 

 一方、議会側では、新たな議会の構成のほか初日14日にユニバーサル就労推進特別委員会を設置、設置後に暫時休憩とし、休憩中に正副委員長を選出。さらに静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙も予定されています。

 

 字が小さくて読みにくいかもしれませんが、議運で決定した6月定例会の日程をアップします。

 本会議、委員会とも「私語厳禁」などルールを遵守すれば誰でも傍聴が可能。本会議は市庁舎10階、委員会は市庁舎9階に傍聴受付所が設けられます。

 

CCFn120170607.jpg

 

CCFn220170607.jpg

| - | 22:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT