<< ロゼで書道研究団体、由源の会の作品展が開かれています | main | 感激、感動!、社明運動『朗読と講演の夕べ』 >>
社明運動、12日に鷹岡地区で『朗読と講演の夕べ』が開かれます!

 7月一カ月間は、法務省が主唱する「社会を明るくする運動(以下、『社明運動』という。)」と、内閣府が主唱する「青少年の非行・被害防止強調月間」。この地域事業として所在区の富士市鷹岡地区で12日(水)夜、『朗読と講演の夕べ』が開かれます。

 開演午後7時。2部構成で、第1部は更生保護女性会による社会を明るくする運動作文からの朗読、第2部が鷹岡中学校の寺内誠一校長による「今、学校では… 家庭に期待すること、地域に期待すること〜」と題した講演。

 聴講は自由で入場無料、申し込みも必要ありません。子育て中の皆さん、ぜひ、お越し下さい。

 問い合わせは鷹岡まちづくりセンター(筍娃毅苅機檻沓院檻械横隠機法

 

20170624CCFn220170701.jpg

         開催を周知するチラシです

 

『朗読と講演の夕べ』は、鷹岡地区と天間地区在住の保護司で組織する保護司会鷹岡支部が更生保護女性会や鷹岡、天間両地区の生涯学習推進会と連携しての取り組み。

 開催にあたっては鷹岡、天間両地区のまちづくり協議会の協賛を得ており、これに鷹岡小学校区通学合宿の協賛事業の位置付けも図られています。

 

 企画・進行は、保護司会鷹岡支部が担当しており、所属メンバーとして本年度も2カ月前から内容の検討、講師の確保、開催周知チラシの作成と配布などをお手伝いしてきましたが、毎年、開催後の反省としてあげられているのが「参加者が少ない」です。

 

 選挙運動もそうですが、個々の自発性に期待する行事の人集めって難しいですネ。なんてこと言っては、出演を快諾して下さった講師に申し訳ないので、これから参加呼び掛けのラストスパートに入ります。

 

 並行して、現在、朗読を担当する更生保護女性会のリクエスト、「スクリーンに朗読作品に合う映像」の作成に取り組んでいますが、自分は映像クリエーターではなく、その経験もなく、扱うパソコンの操作も独学。

 で、一向に完成の兆しが見えない状況に、部屋の冷房が効いていても頭がクラクラ。思考は、「飲むことだけは人に負けない自信があるんだけどな〜」なんて支離滅裂状態です。

| - | 17:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT