<< 反戦・平和アニメの『対馬丸』を知っていますか… | main | 鷹岡の曽我八幡宮で大祭開催中、貴重な映画ロケ資料も公開! >>
あす7月28日、鷹岡の曽我八幡宮で大祭が開かれます

 富士市鷹岡地区にある曽我八幡宮(為田幸雄総代長)で、あす7月28日、大祭が開かれます。

 

20160722_1668408.jpg

            曽我八幡宮です

 

2017072420170727.jpg

 

 この神社は、応神天皇を主神とし、神社所蔵の『曽我八幡宮略縁起(木版)』によれば、仇討ちから4年後の建久8年(1197年)に曽我兄弟の意思に感心した源頼朝が家臣の岡部権守泰綱に命じて建てたものといわれています。

 

 大祭は午前11時から午後9時まで。曽我八幡宮の所在地は自分の所在地である富士市鷹岡厚原西区。毎年、所在区の市議会議員を来賓と位置付けて下さって招待状が届き、大祭に出向いています。

 神事だけでなく、氏子総代会が一致団結して昼から夜にかけて「わんぱく相撲」「カラオケ大会」などを繰り広げ、今では地域のコミュニティづくりの場となっている、素晴らしい大祭です。

 

 さらに大祭では、宝物としている昭和31年(1956年)に公開され、この地でロケも行われた映画『曽我兄弟 富士の夜襲(やしゅう)』の関係資料も公開されます。一見の価値ありですよ。

 

20170727.jpg

 

 

 

〔曽我八幡宮の歴史〕

 
 曽我兄弟は、兄が十郎祐成、弟が五郎時致。父親は河津領主の河津三郎で、三郎は安元2年(1176年)10月、奥野からの狩りの帰路、領地争いをしていた伊豆領主工藤祐経の家来に殺されている。 

 

 その後、兄弟は、父の仇を討つため精進を重ね、建久4年(1193年)5月、源頼朝が富士の裾野で巻狩りを開くことを聞き付け、頼朝に随行した祐経の陣屋に討ち入って父の仇を討っている。

 しかし、仇を討ったものの兄の十郎は伊豆の後家人仁田四郎忠常と渡り合いとなって、その場で討たれている。

 弟の五郎は御所五郎丸に取り押さえられ、翌日頼朝の面前で取り調べを受け鎌倉へ護送される途中、首をはねられている。その場所が鷹岡といわれ、曽我八幡宮西側には五郎の首を洗ったといわれる井戸がある。

 時に十郎、22歳。五郎は、まだ20歳だった。

 

 曽我八幡宮は、兄弟の仇討ちから四年後の建久8年(1197年)に、兄弟の勇気、孝養、忍耐に感激した源頼朝が供養のために家臣の岡部権守泰綱に命じて建てたといわれる。天文年間に武田、今川、北条抗争の場となって炎上。その後、慶長14年(1609年)に伊奈備前守が検地と称してこの地を訪れ再建している。

 

 曽我八幡宮の南西200値召砲老残錣眠る鷹岳山曽我寺があり、曽我八幡宮と鷹岳山曽我寺は、曽我兄弟の歴史を伝える兄弟ゆかりの地として広く知られている。

| - | 08:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT