<< 田子の浦港の地震・津波対策の見直し&富士市議会9月定例会の日程 | main | 混迷…?、どうなる、富士市の総合体育館建設! >>
富士市の防災訓練、中学生が活躍、凄いぞ地域力!

 きょう9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災からの教訓をいかすために1960年(昭和35年)に制定された“防災の日”。富士市内でも各関係機関や、町内会(区)単位で組織されている自主防災会の訓練が繰り広げられました。

 自分、海野しょうぞうは、所在区の自主防災会の訓練に参加したほか、地区内の自主防訓練を巡回視察、今年は地区と中学生との合同訓練が行われ、その中学生の活躍ステージを創設する場に接し、「凄いぞ地域力!」を実感しました。

 

DSC00703.JPG

    訓練を前に参加者を確認【受付所で…)

 

 

 訓練は、市内を網羅した富士市の同報無線放送に合わせて行われ、午前8時30分に巨大地震発生、同報無線は「ただ今の地震の揺れは震度6強」、そして「大津波警報発表、津波避難対象区域に避難指示を発令」。

 市議会議員は、「災害対策本部設置後、居住地区のまちづくりセンターに午前9時までに出動し、地区班長に安否を連絡。午前9時までに出動できない場合は電話等で安否を連絡」との指示を受けていました。

 

 午前8時30分に居住区の自主防災会の訓練開始。開始前に「自主防災会長のあいさつに続いて激励の一言を…」の要請を受けていたことから安否連絡は電話で済ませ、その「激励の一言」は、「今年は学校との調整により小中学生が学校から各自主防災会の訓練に出向くことになっています。平日昼間に巨大地震が発生した際、消火、救助、搬送などで中学生パワーに大きな期待が寄せられています。ぜひ、中学生を主役にした訓練を…」とお願いしました。

 

DSC00704.JPG

        炊き出し訓練コーナー

 

DSC00713.JPG

       おにぎりを作っていました

 

DSC00733.JPG

    新たに整備した、という簡易トイレの組み立ても…

 

 このあと、しばし、居住区の自主防災会の訓練に参加、その後、時間の許す限り地区内の自主防訓練会場を訪れたのですが、ある区の会場を訪れた際、「エッ!」でした。

 

 訓練は、テント張で開始となるのが一般的ですが、開始から1時間を経過しているもののテント資材は手付かずの状態。

「?」を察して自主防災会長は、「午前10時頃に学校からこの場に区内の中学生が到着。実践力のある防災体制の確立するため、平日昼間に、そのパワーを期待する中学生にテント張をやってもらうことになっている」と話されました。

 

 中学生到着。自主防災会の役員が指導を担い、中学生、それも「それほどの力仕事ではない」と男子だけでなく女子にも参加を求めてのテント張が繰り広げられました。

 最初、中学生は一張当たり6本の柱を手にもって、それを立てたままで、次は「?」。屋根の部分を最初に組み立てることは知らないことによる珍事です。

 

DSC00719.JPG

            中学生が参加

 

DSC00730.JPG

        中学生によるテント張です

 

 役員の指導で、どうにかテント張が終了。それはまた、中学生パワーと地域力を実感、そして訓練のマンネリ化を打破して実践に強い防災体制に向けての地域の熱意も実感する場面でした。

 

| - | 21:06 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT