<< ロゼは富士市の文化の殿堂と認識した1日 | main | ガックリ、田子の浦港の津波対策、完全防災から減災へ! >>
国政烈震、そして解散、総選挙へ!  静岡県は”烈震”を超えて”激震”の状態です

国政烈震、そして解散、総選挙へ

 

 安倍晋三首相は、きょう9月25日午後6時から記者会見を開き、28日召集の臨時国会で衆院を解散する意向を表明しました。総選挙は10月10日告示、同22日投開票となる見通しです。

 夕刻のニュース、記者会見の生中継に釘付けとなったのですが、9月に入って国政は烈震、そして解散、総選挙へ…の流れから「政治の世界、一寸先は闇」を改めて思い、加えて「今回の総選挙は日本の針路を決める重要な選挙になる」、それを思っています。

 

index.jpg

 

 安倍首相は記者会見で、国民の信任を得て日本を守り抜く決意を表明しましたが、野党の「大儀なき解散」への批判に反論する格好で、かなりの時間、内需拡大による雇用創出や生産性革命、人づくり革命などアベノミクスの取り組みと、その成果を具体的数値を示しながら自負。

 その上で再来年(2019年)10月に予定される消費税10%への引き上げの財源活用を借金返済から子育て世代への投資と社会保障の安定化に切り替えることを伝えながら「国民の皆様とのお約束を変更し、国民生活に関わる重い決断を行う以上、速やかに国民の真意を問わねばならない。そう決心いたしました。 28日に衆議院を解散いたします」と述べています。

 

 この後、北朝鮮の脅威への対応について「今後とも、あらゆる手段による圧力を最大限まで高めていくほかに道はない」、森友学園と加計学園問題については「今後とも丁寧に説明する努力を」とし、最後は「この解散は国難突破解散」の言葉で締め括っています。

 

 解散表明の記者会見というよりも解散に向けての演説会といった感じ。視聴していた民放テレビ局は、生中継であったものの、想定した時間より長時間になったためか途中でコマーシャルを流し、「アレレ」でしたが、すぐに記者会見の全文がネットでアップされる時代、「まっ、いいか」です。

 

 きょう25日午後には、昨年7月の都知事選で圧勝した小池百合子氏も記者会見、新党・希望の党を立ち上げ、代表に就くことを明らかにしています。

 小池氏は記者会見で「本当の意味で、しがらみのない改革勢力が必要」と述べ、知事職と党の顔の二足の草鞋をもって総選挙に臨む考え。

 

ブログDSC00863.JPG

 

 早期解散の動きが出てから小池氏と連携する若狭勝氏(衆院議員)や細野豪志氏(衆院議員)らが新党結成に向けた動きを加速させており、これに伴って細野氏が所属していた民進党からの離党もドミノ倒し的とまではいえないまでも相次ぎ、民進党以外でも自民党の福田峰之氏(衆院議員)、「日本のこころ」の中山恭子代表(参院議員)、無所属の行田邦子(参院議員)が新党に参加する意向を示しているといわれ、「新党・希望の党は150人程度の擁立を目指している」と伝えられています。

 

 

県内は“烈震”を超えて“激震”状態

 

 民進党の重鎮であった細野氏の離党、新党結束に同調する形で静岡県内は国政の“烈震”を超えて“激震”となっています。

 

 県内テレビ局が伝えた夕刻のニュースでは、県内の8小選挙区中、空白の7区を除き、民進党からの立候補予定者が1区、3区、6区、8区、新党・希望の党からの立候補予定者が検討中を含めて2区、4区、5区といった具合。

 

ブログDSC00867.JPG

          民放のテレビ画面より

 

 現状、民進党と新党・希望の党は自民VS野党の構図の棲み分けができているものの、そこは「政治の世界、一寸先は闇」なだけに自民VS民進党VS新党・希望の党、これに共産党も絡む選挙区があるかもしれません。

 

 細野氏は、今月29日午後7時から主地盤である富士市の1600人余収容のロゼシアターで「新党結成総決起大会」を開くことになっており、この大会で5区における新党・希望の党への評価、さらには本県の選挙構図も今以上に明確になるかもしれません。

 

 いずれにせよ、解散の大義がどうであれ、今回の総選挙は今後の日本の針路を決めることになるだけに、「無所属だから」を盾に等閑することなく、あれこれ情報を入手、自分なりの判断を下して…です。

| - | 23:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT