<< 芸術写真家、近藤正寛氏の個展が開かれています | main | 富士市鷹岡で『市民安全大会』が開かれました >>
富士市の32回目の『商工フェア』が開幕しました

DSC01252.JPG

     ロゼと中央公園を結ぶ歩道橋から撮影

 

 地域経済の活性化を目的とした富士市産業まつりの一環、『商工フェア』が、きょう11月4日、中央公園を会場に開幕しました。あす5日(日)まで。午前10時から午後4時。

 市や商工会議所など関係機関が実行委員会(実行委員長・増田正之富士商工会議所副会頭)を組織して、毎年、この時期に開いているイベント。今年で32回目です。

 

 以下、会場探訪記を…。

 

DSC01253.JPG

              会場入口で…

 

 自分、海野しょうぞうが所属する富士市議会の所属委員会は商工業を所管する環境経済委員会。とあって「午前9時50分からの開会セレモニーに顔を出さなくては…」と身支度をし、「さて、行くか」の時、今月2日に現職の小長井義正氏に続いて県議の植田徹氏が立候補を表明したことにより選挙戦突入が決まった12月24日投開票の市長選挙について訪問者があり、その後、電話もあったりして会場到着は正午近くに…。

 

 テント数にして84店舗の7割余が飲食関係で、昼飯タイムとあって、物凄い人、人、人…でした。

 

DSC01256.JPG

           人、人、人でした

 

 事前に今年2月に富士市で開かれた東海・北陸B1グランプリでゴールドグランプリに輝いた「西伊豆しおかつおうどん」が「出店する」と聞いていたことから、会場到着後、すぐに並ぶことを覚悟で出向いたところ「完売しました」でガックリ。「あす5日も数を増やして出店」とのことです。

 

 この「西伊豆しおかつおうどん」、そのネーミングから「かつおの塩辛をトッピングしたうどん」を連想していたのですが、スタッフに聞くと「全然、違います。ゆでたてのうどんに、しおかつおの焼き身、ごま、海苔、若布、これらをふりかけ、鰹節と刻みねぎをまぶし、隠し味に出し醤油を少量入れたもの。トッピングに半熟卵をのせることも」とのことです。

 

「あす5日は朝から並んで食さなければ…」と思うものの、自分に、実行に移す根性があるか…。

 

DSC01264.JPG

「西伊豆しおかつおうどん」の店、

          隣は「富士つけナポリタン」の店です

 

DSC01254.JPG

        秋の果物の販売も…

 

 飲食・物販のほか、盲導犬や木工、美容、畳などの体験コーナー、遊具あれこれのプレイランド、地元企業紹介コーナーなど。

 ステージ部門も設けられ、きょう5日のステージ部門は午前10時から大道芸やよさこい演舞、ベリーダンス、チアダンスなどが繰り広げられる予定です。

 午後1時からと午後3時30分からは「お楽しみ抽選会」も…。

 

DSC01269.JPG

          4日のステージ部門です

 

DSC01263.JPG

 

DSC01260.JPG

4日に行われた「お楽しみ抽選会」の受付所(上)と

                 抽選会の様子(下)です

 

 会場に2時間余滞在。午後に瞬時の突風が吹いたものの、やわらかな陽射しが差し込む行楽日和で、来場者は秋の1日を思い思いに楽しんでいました。

 

 車で会場入りの場合、中央公園駐車場のほか臨時駐車場として富士商工会議所駐車場、ユニプレス駐車場及び市役所駐車場が用意されています。

| - | 18:01 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT