<< イベント・式典多し、体力追いつかず! | main | そばカフェ『和』で加藤昭夫さん夫妻の作品展開催中です >>
富士市で31回目の『消防まつり』が開かれました

 きょう11月12日の日曜日、市庁舎北側駐車場で『消防まつり』が開かれ、会場に出向きました。

 案内状を受け、「市民の生命・財産を守るために活動している皆さんに敬意を…」、そんな思いを抱いての会場入り。

 まつりと称するイベントに対しては、近年、「開催目的の明確化が必要ではないか…」と見直しの動きが出ていますが、「さまざま工夫を凝らし、来場者の笑顔が交差、さらに来場者、主催側双方に満足感が示された『消防まつり』には、まつりの在り方の範が示されている」、それを改めて感じました。

 

ブログ2017111120171112.jpg

 

 この『消防まつり』、「火災のない明るく快適な安全都市・富士市を築くために市民と消防が心をふれあい、相互に理解と認識を深め、市民生活の中に根ざした防火体制の確立を目指す」を開催目的に掲げ、消防本部、消防団、防火協会の三者が実行委員会(実行委員長・槌屋根消防団長)を組織して、毎年、この時期に開いているものです。

 

 今年で31回目を迎えましたが、前職の記者時代の記憶が正しければ、昭和60年代に打ち出された消防団の活性化5カ年計画で団員の65歳定年制導入などと共にスタートしたイベント。

 

 今回もミニ消防車試乗やちびっこレスキュー、フワフワなどの子供コーナー、煙ハウスや消火器消火、応急救護などの体験コーナー、消防車両や防災機器、緊急消防援助隊活動などの展示コーナー、このほか、富士リズム幼稚園、わかば幼稚園、藤田幼稚園による演技、消防音楽隊・カラーガード隊による演奏も。さらに、消防団対抗の模擬店、風船やゆで卵の無料配布、投げ餅も…。

 

DSC01383.JPG

           ミニ消防車の試乗です

 

DSC01389.JPG

          ちびっこレスキューです

 

DSC01395.JPG

    今年も大人気でした。子供コーナーのフワフワ

 

DSC01390.JPG

           煙ハウスの体験コーナー

 

DSC01385.JPG

        消火器消火の体験コーナー

 

DSC01381.JPG

    消防車両の前では記念撮影が…

 

DSC01402.JPG

         防災機器の展示コーナー

 

DSC01399.JPG

     消防音楽隊・カラーガード隊による演奏です

 

DSC01403.JPG

   消防団対抗の模擬店、ディスプレーが凝ってました

 

DSC01396.JPG

   お客さんの呼び込みに中国娘さん投入の模擬店も…

 

DSC01391.JPG

      第11分団は草もち販売、長蛇の列でした

 

 好天に恵まれ、会場は人、人、人…。家族連れも多く、「子ども達がまつりを通して消防業務に関心を持ってくれるのでは…」と思い、「それが、将来、消防団の団員確保に結び付くのでは…」の期待も抱きました。

 

 その中、ゆで卵の無料配布は『消防まつり』の伝統的なサービスですが、「なぜ、ゆで卵なのか…」。関係者に聞いても今年も「?」でした。

| - | 21:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT