<< 感動&感激! 『富士山武道演技会』 | main | 富士市議会11月定例会が、きょう21日、開会しました >>
富士山&桜花&菜の花の景観スポット、潤井川のクリーン活動

 富士山&桜花&菜の花の景観スポットである富士市鷹岡地先の潤井川のクリーン活動が、きょう11月19日に行われました。

 鷹岡地区まちづくり協議会(松田幸雄会長)の環境部会(遠藤晃部会長)の恒例事業。協議会構成団体のほか、鷹岡中学校の1年生、鷹岡建設業協力会、富士山ビエンナーレ実行委員会などから総勢250人余の参加を数え、自分も地区民の1人として活動の輪に加わりました。

 

 鷹岡地先の潤井川の龍厳橋から下流左岸堤は昭和40年代半ばから5年余の歳月をかけて近隣住民によって桜の苗木が植栽され、平成に入って成木となり、見事な桜並木となっています。

 

DSC01469.JPG

     クリーン活動会場の桜並木です

 

ブログDSC01460.JPG

       桜並木誕生の経過を伝える掲示板が…

 

 まちづくり協議会では、毎年4月上旬に地区内にある富士西公園で『桜まつり』を開いており、まつり前後の10日間を桜花観賞期間に設定。この鑑賞期間中に潤井川左岸の桜並木をライトアップ、夜桜を愛(め)でる演出を図っています。

 さらに、数年前から河床の流砂地に菜の花の種をまき、3月下旬から4月上旬にかけて富士山&桜花&菜の花の3要素が混交した華麗な景観を創出しています。

 

No5-F302-E026.jpg

 桜花観賞期間はライトアップが…(昨年の状況です)

 

 地元の人達の取り組みが結実する形で富士市を代表する景観スポットとなったことから桜の開花シーズンにはカメラマンを中心に多くの来場があり、きょう19日のクリーン活動は、生活環境の美化とともに「この地を訪れる方々に歓迎の心を伝えるため」(松田会長)の取り組みです。

 

 事前の準備も入念に行ったことから参加者は、担当エリアに分かれてテキパキと空き缶、ペットボトルなどを回収、各区から持参した草刈り機で生い茂った草を刈り、それを回収してゴミ袋に…、予定通り2時間余で作業を終了しました。

 

 毎年、不法投棄ゴミもありますが、今年もコンロなどの不法投棄があったものの、例年より少なく、これも地元の地道な活動の成果といえそうです。

 

DSC01484.JPG

          活動を前に説明が…

 

DSC01461.JPG

        鷹岡中学生はゴミ拾い中心に…

 

DSC01466.JPG

         堤一帯の草を刈りました

 

DSC01470.JPG

           膨大な量でした

 

DSC01472.JPG

            搬出作業です

 

DSC01483.JPG

           終了後の堤です

 

DSC01478.JPG

  左はまちづくり協議会事務局の井出さんです

 

 クリーン活動終了、生い茂っていた草が刈り取られた堤を見ながら“地域力”、それを感じ、同時に、「こうした活動が、郷土愛と、この地に住む誇りであるシビックプライドの醸成への確かな一里塚に…」を思い、初冬の冷気が何故か暖気に感じた1日でした。

 

 

| - | 22:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT