<< 富士市内4館目の児童館建設中、久々にジイジもしてきました! | main | 今後のゴミ問題は…、富士市の廃棄物最終処分場を視察しました >>
富士・オーシャンサイド友好協会が親善訪問団を企画

 富士市と国際姉妹都市を提携している米国オーシャンサイド市との民間友好団体、富士・オーシャンサイド友好協会(清水小波会長)は、来年2月に「親善市民訪問団」を派遣することを決め、12月28日を締切日として、現在、参加団員を募集しています。

 

 訪問期間は2月20日(火)から同25日(日)までの6日間。オーシャンサイド市では市長表敬訪問を組み込み、市内を視察。このほかロサンゼルスやサンディエゴ、メキシコ国境に接するティファナも訪れます。

 参加は団員以外でも可。募集人員は16人。費用は33万9千円。

 

 富士市の後援を得ての企画で、申し込みや問い合わせは富士市多文化・男女共同参画課内の国際交流室(電話0545−55−2704)。

 

ブログ2017111920171118.jpg

          募集チラシです

 

 富士市とオーシャンサイド市との国際姉妹都市提携は1991年(平成3年)12月2日。提携以降、市が参加者を募集しての「市民友好の翼」をはじめ文化関係者や少年少女合唱団、太鼓演奏集団、さらにガールスカウトなどが訪問していますが、そうした友好事業も下火に…。

 

 平成26年度以降は、友好協会が組織されたことから民間主導で参加者を募集しての訪問となり、友好協会では今夏、「少年親善使節団」をオーシャンサイド市に派遣、募集中の「親善市民訪問団」は本年度第2弾の友好事業となります。

 

 先日、市議会の会派控室に友好協会の清水会長が訪れ、「参加者確保に、ご協力を」の依頼を受けました。

「参加しますよ」と即答したい思いをこらえ、「知り合いに企画を伝え、参加を促してみますよ」と回答。その回答の線上での、このブログ&フェイスブックのお知らせ記事です。

 市長表敬訪問など一般的なツアーにはない貴重な体験もある親善訪問団の企画、参加してみませんか。

 

【友好協会がサポーター会員を募集】

 富士・オーシャンサイド友好協会は、サポーター会員を募集しています。会員には会費年額3千円の『正会員』と、会費無料の『サポーター会員』があり、『サポーター会員』にも年2回、会報『FOFA(ふぉーふぁ)』を送付、とのことです。

 詳しくは協会ホームページ

(https://www.fuji-oceanside.com/)

| - | 20:24 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT