<< 富士市の新春イベント2題(消防出初式&成人式) | main | 新春、オススメイベントのご紹介 >>
ちょっと大袈裟ですが、新春早々の珍事、そしてハプニング!

 新春早々に我が家に珍事が…。

 

 娘2人(といっても2人とも、とっくに三十路を過ぎて世間一般ではオバサンゾーン)がチアダンスのインストラクターで「C−STAR(シースター)スタジオ」を主宰。ここ10年余、小中学生を中心とした子ども達の指導を続け、大会にも挑戦、全日本大会、そして世界大会にも出場するようになっています。

 

 チアダンスブームということもあって市内の各種イベントから出演要請も相次ぎ、保護者の皆さんの理解と協力を得て出演しています。

 

 親として「普通に結婚、平凡でもいいから笑顔の絶えない家庭を」と願ってきたのですが、今となっては「娘2人の指導するチアダンスがイベントの盛り上げに、多少でもお役に立っているのであれば、ありがたいことだ」、そう思うようにしています。

 

 しかし、娘2人が指導しているチアダンスチームの大会出場の場面を見たことがありませんでした。親は親、娘は娘。同時に「出演者ではなく指導者」、それもあってのことです。

 

 こうした中、市内のイベント出演時に時々、子ども達に異常接近する“カメラ小僧”の監視役を担う中、顔を覚えてくれた子ども達から挨拶され、演技開始前のステージから手を振ってくれるようになり、「一度、大会の応援に行かなくては…」、そんな思いを抱くようになっていました。

 

 そして1月6日、静岡市内の県営草薙運動公園内にある、こなはなアリーナで開かれたUSA(ユナイテッド スピリット アソシエーション ジャパン)が主催する「2018静岡大会」へ。初の大会応援に娘2人から出た言葉は、「きょう、雪が降るんじゃない」。

 

ブログDSC01929.JPG

        このはなアリーナです

 

 新春早々の我が家の珍事といったところです。

 

「2018静岡大会」は、全国各地で開かれる地域予選の一つで、全国大会は3月24日から同27日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開かれる、とのことです。大会は、年齢別やジャンル別があり、参加総数は64チーム。娘2人が指導するスタジオからは4チーム。このほかコーチを担う高校から2チームが出場しました。

 

 この会場でハプニングが…。

 

「大会を観るなら子ども達に記念の場面を」と記者時代に愛用していた一眼レフカメラ、それに三脚も用意して会場入りしたものの、会場のあちらこちらに「撮影及び録画禁止」の張り紙。

 聞けば許可制で、それも厳しい条件付き。係の人に聞けば「カメラ席は、すでに予約で埋まっています」。

 

 自分にとってはハプニングであり、ショックでした。

 

ブログDSC01922.JPG

 

 諦めるしかなく、各チームの演技を観続けたのですが、数少ない全国大会出場切符を争う大会はパフォーマンス出演のイベントとは180度違うピリピリとした緊張感が流れていました。

 

 午前11時に開始された大会の成績発表と表彰式は午後5時過ぎ。それを待たずして全チームの演技終了後、会場を後にしました。

「ここには勝者も、敗者もいない。皆、心を一つにして頑張った」。その思いからです。

 

 会場を去る際、「多分、2度と来ることはないな」、そんな思いから「記念に…」と屋外で会場の全景や、記念撮影中の場面をショット。沈む夕陽が何か暗示的でした。

 

ブログDSC01933.JPG

 

ブログDSC01937.JPG

 

 得手勝手なオジイの応援、そして親バカも、いい加減にしなくちゃいけませんよネ。

| - | 23:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT