<< 「エッ!」と驚く、富士市の市立幼稚園・保育園の削減計画 | main | 富士市が新年度(平成30年度)当初予算案を内示しました >>
富士西公園の中央を走る新東名側道、ようやく開通するも…

ブログDSC02323.JPG

     富士西公園の富士山ビューポイントです

 

 所在地区の富士市鷹岡地区にある富士西公園の中央を走る新東名高速道路の側道(市道天間清水久保2号線)が2月6日、開通しました。しかし、交通事故発生の不安も…。その対策で、ここ2日間、まちづくり協議会の役員さんと、あれこれ飛び回っています。

 

 開通した側道の距離は200値召任△襪發里竜豺馥撮隠械更羸(県道富士富士宮線)からの進入が可能となり、側道を利用して新東名富士インターや大渕方面に向かうことが容易に…。狭隘に加えて交通量の多い鷹岡中学校前を走る県道一色久沢線の交通緩和にも結び付くことが期待されています。

 2012年4月の御殿場―三ヶ日間の新東名開通に合わせて側道のほとんどが開通していますが、富士西公園の中央を走る側道は、用地問題や信号機設置など交通規制の調整で遅れ、今回の開通も“ようやく”といったところです。

 

ブログDSC02320.JPG

          開通した側道です

 

 しかし、開通するも側道と接続する市道壱貫地大久保線がノンストップ走行からT字交差点に切り替わり、これに伴って一旦停止に…。加えてカーブの下り坂。

 地元では、これまでの側道開通で交通規制の変更を原因とした事故が相次いでいることもあって「交通事故が発生するのでは…」、そうした不安の声があがっていました。

 

 この状況に市では、『止まれ』や『一時停止厳守』などの規制看板のほかに「これでもか」というくらいに『スピード落とせ』や『この先に交差点あり』『歩行者に注意』など注意喚起の看板を設置。

 さらに地元の要望を受けて開通日から1週間、T字交差点に交通誘導員を配置する対策もとって下さいました。

 

ブログ20180207?20180207.jpg

 ノンストップから一時停止に変更になった地点の地図です

 

ブログDSC02328.JPG

        走行変更を告げる看板

 

ブログDSC02326.JPG

         変更後は一時停止に…

 

ブログDSC02329.JPG

           利用状況です

 

 自分の知る限り、これまでのところ事故発生の情報はありませんが、まちづくり協議会の役員の皆さんは連日、通勤時間帯に事故発生不安のあるT字交差点に出向き、状況を把握。自分も、それに同行していますが、「今後、事故が相次ぐようだったらT字交差点でもあっても信号機の設置を要望しよう」という声があがっています。

 所在区の厚原西区では、毎月、班長常会に合わせて発行、回覧している『厚原西区かわら版』で今回の開通を取り上げ、注意を呼び掛けています。

 

ブログ20180207?20180207.jpg

 注意呼び掛けの回覧チラシです

 

 地元の皆さんの交通安全に対する熱意が実ることを願っています。

 

 

   【富士西公園とは…】

 

 国の外郭団体の独立行政法人環境再生保全機構(旧名・環境事業団)が新東名建設による集団移転に合わせる形で大気汚染対策緑地建設事業として1998年に着工。富士市の意向を受け止めながら国庫補助を受けて工事を進め、その事業費は約88億円。ほぼ完成した2003年7月に完成式が行われ富士市に完全譲渡、市は事業費を割賦償還中である。

 公園の管理運営は指定管理者制度により富士市振興公社が担っている。

 公園は、新東名の高架下及び、その西側に広がる緩やかな斜面地で構成されており、面積6・8ヘクタールは、富士市を代表する公園の中央公園と、ほぼ同じである。

| - | 00:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT