<< 『富士の女流書展』と『親から子どもに伝える折り紙遊び展』開催中 | main | 満開の中で広見地区と丘地区で『さくら祭り』 >>
富士市4館目の児童館が誕生しました

 富士市で4館目となる子ども達の健全育成施設、児童館が旧・鷹岡まちづくりセンター跡地である入山瀬浅間神社境内に完成、きょう3月31日、落成式が行われました。名称は『富士市北西部児童館』。あす4月1日に供用開始となります。

 難産の末の完成、誕生で、所在区の市議会議員として計画段階から関わってきただけ、臨んだ、きょうの落成式には感慨深いものがありました。

 

ブログDSC02738.JPG

            外観です

 

ブログDSC02744.JPG

        テープカット(落成式で…)

 

ブログ.png

        所在地図です

 

 児童館は、『富士市次世代育成支援計画』に基づく取り組み。計画では市内を4ブロックに分け、各ブロック1館、計4館を建設することになっており、すでに『広見児童館』(平成5年)、『ぐるん・ぱ・よねのみや』(平成14年)、『東部児童館』(平成25年)の3館が誕生しています。

 

 支援計画最後の4館目、北西部ブロックへの建設は、財政難を理由に当初案の新設から同じ鷹岡地区にある社会福祉センター・鷹岡市民プラザの1階部分を改修しての併設に変更されたものの、この併設案に対して「高齢者と子ども達がふれあうことができる」のメリットの一方、「小学校から遠い」「現状ですら駐車場不足」「狭い」などのデメリットがあり、地元では当初案の新設での取り組みを強く主張、一時期、宙に浮いた格好となっていました。

 

 市と地元との話し合いが重ねられた結果、神社会の理解と協力による入山瀬浅間神社境内の用地提供が決め手となり、市は地元の主張を受け止めて当初案の新設に軌道復帰、きょうの落成式を迎えました。

 

 落成式で小長井義正市長、そして市議会の望月昇議長は、挨拶、祝辞で「活発な利用を」と呼び掛け、機能を生かしての子ども達の健全育成に期待を寄せました。

 

ブログDSC02740.JPG

         挨拶する小長井市長

 

ブログDSC02751.JPG

            落成式で…

 

 建物規模は、木造平屋建て、床面積288平方叩M住擦詫冀呂鮟き、外構などを含めて約1億円です。

 

 外観の色彩は「神社境内」という点を踏まえて落ち着いた色調。内部は地場産品である富士ヒノキをふんだんに使ったプレイルーム、図書コーナー、相談室などが設けられ、このうちプレイルームにはキッズ向けのロッククライミングの一種、ボルダリングや卓球台などが設置されています。

 

ブログ2018033120180331.jpg

     内部の配置図です

 

ブログDSC02754.JPG

     プレイルームに設けられたボルダリング

 

ブログDSC02756.JPG

           卓球台も…

 

ブログDSC02758.JPG

        学習スペースもあります

 

 他の児童館と同様、子育て支援センターを併設。同じ敷地内にある浅間保育園内に設けられていた『トライアングル』が児童館内に移設。この移設により浅間保育園は待機児童解消の線上で定員増の措置がとられています。

 

ブログDSC02766.JPG

     こちらは子育て支援センターの内部です

 

ブログDSC02769.JPG

        遊具もいっぱいありました

 

 多くの子ども達、そして子育て中の方が利用されることを願っています。利用は児童館、子育て支援センターともに無料です。

 問い合わせは筍娃毅苅機檻沓院檻沓隠苅院

 

【児童館・北西部児童館】

 開館時間:9:00〜16:45

 休 館 日:月曜日、祝日、年末年始

 利用対象:0歳から18歳までの子ども及びその保護者

 

【子育て支援センター・トライアングル】

 開館時間:9:00〜12:00 13:00〜15:00

 休 館 日:土・日曜日、祝日、年末年始

 利用対象:保育園・幼稚園等に就園する前の乳幼児と主に小学校就学前の子どもとその保護者

| - | 17:25 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT