<< ぎゃらりー時代屋富士山で『企画絵画展』が開かれています | main | 富士の型染の創始者、小山もと子さんの生誕百年記念展が開催中 >>
鯉のぼり、富士山よりも高く、富士川の流れよりも勢いよく!

 先日、「今年もやったぜ!、観にきてくんな」。富士市岩松地区松岡に居住する幼馴染みのW君からの電話でした。

「今年も…」は、自慢の鯉のぼりを庭に高々と掲げたこと。鯉のぼりを泳がせるのは新暦の端午の節句(5月5日)の祝い事、「ちょっと早いのでは…」と思うものの、いつも、この時期。子や孫の成長を喜ぶ思いが募ってのことだと受け止めています。

 

ブログDSC02947.JPG

       壮観、遠くからでも確認できます

 

ブログGetPrintImage.png

           赤丸印がW君宅です

 

 電話連絡を受けて、きょう4月19日昼過ぎ、W君宅へ。

 一人息子、それに、いずれも男児の孫第1子、第2子、第3子の計4セットの鯉のぼりが泳いでいました。

 それぞれビッグサイズで、かつ吹流しと真鯉(まごい)、緋鯉(ひごい)などフルセット。「富士山よりも高く、日本三大急流の一つである富士川の流れよりも勢いよく」といった感じで泳ぐ鯉のぼり群は壮観。以前、マスコミで紹介されたこともあって、今では周辺界隈の、この時期の風物詩になっているようです。

 

ブログDSC02936.JPG

        4セットが泳いでいます

 

ブログDSC02939.JPG

          元気にスイスイと…

 

ブログDSC02944.JPG

  ビックサイズのアンパンマンもいますよ

 

 W君とは、岩松幼稚園、岩松小学校、岩松中学校が一緒。幼い頃に父親を亡くし、お母さん、お姉さん、妹さんの4人家族、専業農家でした。

 唯一の男手として幼い頃から農作業を手伝い、社会人になってから建設業に従事、会社を立ち上げています。

 

 元気に泳ぐ鯉のぼり群にW君、満面に笑みを浮かべていましたが、ふと、「W君の、1人息子、そして3人の孫に向けての鯉のぼりへの熱い思いは、家族を遺し、若くして逝った父親の無念さを思う気持ちもあってのことでは…」、それを感じ、幸福感を共有させてもらいました。

 

 W君宅の自宅住所は富士市松岡623−1。ナビに入力、近くになれば道路沿いですので見えてきますよ。

| - | 15:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT