<< 富士市のゴミ、処理総量と焼却量、減るも目標値達成成らず! | main | きょう7日から岩手県内の被災地など視察に… >>
『笑点』で大うけ?、『18歳と81歳の違い』に二極反応

ブログshouten-660x400.jpg

 

 最近、コミュニケションツールのSNS(social networking service)で『18歳と81歳の違い』と題した情報が流れ、二極反応が示されています。

 

 この『18歳と81歳の違い』、毎週日曜の夕方に日本テレビ系列で放送され、お茶の間を楽しませてくれる人気番組『笑点』の大喜利(おおぎり、おおきりとも)のお題となり、その回答が「実に面白い」と話題に…。SNS上では、発信者の独自の回答も加わって大うけの社会現象に…。

 

 その一方、年齢によっては「面白い」と受け流すことはできず、怒髪衝天(どはつしょうてん)、さらに切歯扼腕(せっしやくわん)、隔靴掻痒(かっかそうよう)となる人も…。

 

「少し大袈裟」と言われるかもしれませんが、二極反応に「これからの高齢者福祉とは…」を、あれこれ考えています。

 

 大喜利は、本来、寄席の最後に余興的に行われてきたものですが、『笑点』ではメインに位置付けられ、司会者がお題を与え、出演者である落語家が回答するスタイル。

 ゴチャゴチャ記すのは、この程度にして、お題『18歳と81歳の違い』の回答をSNS発信者の独自の回答も加えて紹介すれば…

 

※心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才

※偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才

※受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才

※「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才

 

 この程度なら「面白い」と受け流すことはできますよネ。

 

※道路を暴走するのが18歳、道路を逆走するのが81歳

 

 これも、高齢者ドライバーの事故が多発していることから、「警鐘と受け止めなければ…」と処理できますよネ。

 

 しかし、です。

 

※恋に溺れるのが18歳、風呂で溺れるのが81歳

※まだ何も知らないのが18歳、もう何も覚えていないのが81歳

※自分探しをしているのが18歳、出掛けたまま分からなくなって皆が探しているのが81歳

※東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81歳

※ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳

 

 こうなってくると、81歳以上でなくても、60歳代、70歳代の人も心穏やかではいられませんよネ。還暦過ぎた自分も「ふざけんな」の文句のひとくさりが出ます。

 

 さらに…

 

※お手入れで虫歯ゼロの18歳、入れ歯だから虫歯ゼロの81歳

 

 こうなると、「責任者、出てこい」ですよネ。

 

 歯磨き粉など物資不足の戦中戦後を過ごし、戦後復興の日本を支えてきた方々が、今、高齢者となっています。

 その高齢者の弱さの部分を取り上げて侮辱。「高齢者福祉とは何ぞや!」を考えさせられます。

 日本の高齢者福祉を考える上では、まずもって、すべての人が「人は誰でも高齢者になる」、それを再認識することが必要ではないか…と思っています。

 

 大昔のアイドル、山口百恵のヒット曲に『プレイバックPart2』に、こんなフレーズがあります。

「馬鹿にしなでよ」

 

 今、高齢者の皆さんは、こう主張すべきです。

「俺たちを馬鹿にするなよ」

| - | 18:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT