<< 鷹岡さくら祭りを再現、写真コンテスト開催中です | main | 水害ストップ!富士市で水防訓練が開かれました >>
愉快なアート展『モモクリテン2018』がロゼで開催中です

 富士市蓼原のロゼシアター展示室で、絵画や陶芸といったジャンルを問わない、さらにプロ、アマも問わない作家の感性、個性が強烈に打ち出された愉快なアート展『モモクリテン2018』が5月18日に開幕しました。あす20日(日)まで。午前10時から午後7時、最終日となる、あす20日は午後5時で終了。入場無料。問い合わせは事務局(筍娃毅苅機州毅院州隠隠牽院瓮▲肇螢┘僖札蝓法

 

歓迎看板です

 

 ロゼの1階ロビー・ガレリアでは日本皐月(さつき)会の『サツキ展』も開かれています。こちらも、あす20日まで。午前9時から午後10時まで。最終日の、あす20日は午後4時で終了。入場無料。

 

こちらはガレリアで開催中の『サツキ展』です

 

『モモクリテン』は、自由にアート作品を発表するグループ展で、作品展名と共にグループの名称。メンバーの一人が知人。毎回、案内状が届き、平成6年(1994年)の第1回展から作品展の鑑賞を続けています。

 

 現在は2年に1回のペースで開き、今回展は15回展、富士、富士宮両市内在住の中学生から50代までの27人の作品100点余が展示されています。

 

 今回も初日の18日に鑑賞に行ってきました。

「どんな作品展?」と問われても自由なアート展であることから「………」で、「ぜひ、会場へ。愉快な、楽しくなっちゃう親子で楽しめる作品です」とだけ答えるようにしています。

 

 今回展の出品者は次の通りです。(敬称略)

  あしざわまさひと 石川智美  石原すみよ

  磯野直子  漆畑ゆう子  遠藤真由美 小川浩子

  影山早苗  亀井雅文  木村梨乃  古山富

  佐野継将  白石絵里子  榛葉織衣  睫攘魄

  睫攴瓠 ●睫擇箸發漾‥栂啾抻辧 〜セ劃礁

  山下若葉

  ワタナベユキ+乙女チーム(あらたあおい、木村みゆき、

  坂隼治、坂入菜央、田中真衣、望月文代)

 

以下に展示作品、あれこれをアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文中の「メンバーの一人が知人」と記しましたが、その知人とは代表を担うKさんで、もう、かなり前ですが、自分の部下、ローカル紙・富士ニュースの女性記者でした。

 

 高校時代から市内の芸術教室「富士美術研究所」で学び、美術系の学校に進学。富士ニュースの採用試験ではデザイン部門を希望していたものの、そうした専門部門を設けるほどの会社ではなく、笑顔を絶やさない態度と、質問に即答するスピード感から「記者の素質は大なり」と判断。「記者になる気は…」の問いに「お願いします」。K記者の誕生で、記者生活の中ではカットの作成なども担当してくれました。

 

 結婚を機に退職したものの、アートへの挑戦を続け、「富士美術研究所」の卒業生などによって『モモクリテン』を立ち上げてアート展に取り組んでいます。

『モモクリテン』は、何事も成就するには、それ相応の歳月がかかることを意味する諺(ことわざ)の“桃栗三年柿八年”からの命名で、地道な活動を続けているKさんらにふさわしいグループ名です。

 

「会場費の捻出が大変です」とKさん。「芸術文化都市・富士市に向けて頑張っている若い人達に支援できる手立てがないか」、そんなことも考えています。

| - | 12:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT