<< 民間パワーをもって国際交流、米国オー市との友好協会が総会 | main | 梅雨、マイ ガーデンも百花繚乱です >>
富士市議会6月定例会の日程が決まりました。副議長選挙も…?

富士市議会の本会議場です

 

 気象庁が「東海地方が梅雨入りしたとみられる」と発表した、きょう6日、富士市議会の議会運営委員会(以下、「議運」という。)は委員会を開き、13日に招集される6月定例会の日程を協議、会期を29日までの17日間と決定しました。

 

 6月定例会では、委員会条例の規定により任期1年となっている議運と常任委員会の委員選任が行われ、これに合わせて申し合わせで「常任委員会委員の任期に準ずる」となっている特別委員会の委員選任、さらに副議長選挙も見込まれています。

 

 正副議長の任期は、地方自治法で「議員の任期(4年)と定められている中での任期途中の交代は、辞表を提出することよって法をクリア。暗黙の規範で「議長は2年、副議長は1年で交代」とされており、6月定例会では正副議長のうち議長は続投、副議長のみ選挙が行われる予定ですが、その選挙執行は現在の副議長の辞表提出が前提となります。

 

 これら議会の新たな構成は定例会最終日の29日の予定です。

 

 議運で示された本定例会への当局提出予定議案は20件。その内訳は、条例案9件、単行案5件、報告案、人事案各2件、補正予算案、契約案各1件。

 

 補正予算は、生活密着予算である一般会計を歳入・歳出、それぞれ1億4,500万円追加していくもので、これにより当初からの累計額は832億4,500万円に…。

 歳入の主なものは、市有土地売却収入などの財産収入が8,223万8千円、河川整備事業債などの市債が2,130万円、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金などの国庫支出金が1,649万9千円など。

 一方、歳出の主なものは、公共建築物保全基金積立などの総務費に9,312万6千円、四ケ郷用水路改修事業費などの土木費に3,617万7千円を計上しています。

 

 単行案5件には、富士見台下水処理場跡地の財産処分案があり、跡地6,398平方値召鮓売により静岡市内に本社を置くヨシコン蠅烹検ぃ横毅緩7千円で売却。

「不要となり、活用予定のない市有地は売却」との方針に基づくもので、坪単価にして約4万3千円という売却価格については地元の富士見台地区の意向を受けて「宅地分譲」の条件が付されていることに加え、段差のある地形から宅地化に向けて、かなりの造成費が見込まれるためとみられています。

 

 人事案2件は、任期満了に伴う富士市ほか1組合公平委員会委員の選任同意案と人権擁護委員候補者推薦案です。

 

 契約案1件は、青葉台まちづくりセンター多目的室棟増築及び既存棟改修主体工事案で、制限付き一般競争入札の結果、市内大手の井出組が落札。議会の可決を求める、その契約金額は1億9,872万円となっています。

 

 一般質問は22日に開始、28日までの間、4・5日間の日程が確保されており、その発言通告の締め切りは14日正午と決定。1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間で、日別の登壇者数は通告締め切り後の14日午後2時から開かれる議運で協議、決定。

 

 このほか、本定例会には、静岡県弁護士会から「静岡地方裁判所沼津支部における労働裁判の実施を求める請願」が提出され、総務市民委員会に付託、18日に開かれる委員会で審査することが決まりました。

 

 字が小さくて見にくいかもしれませんが、議運で決定した6月定例会の日程をアップします。

 本会議、委員会とも「私語厳禁」などルールを遵守すれば誰でも傍聴が可能(ただし、乳幼児、児童は除く)。本会議は市庁舎10階、委員会は市庁舎9階に傍聴受付所が設けられます。

 

 

 

| - | 19:01 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT