<< 富士市の中央公園に7月5日、タリーズコーヒー店オープンへ | main | 富士市議会6月定例会、あす22日に論戦開始 >>
富士市の温水プール、廃止へ…!?

 富士市は、きょう6月18日に開かれた市議会総務委員会協議会で、廃止か、それとも利用者の声を受けて存続か…と注目されていた大渕の総合運動公園内にある温水プールについて「温水プールとしての機能は廃止する」との方針を示しました。

 施設再編アクションプランの中間報告で示したもので、完成版の策定は平成31年6月。

 しかし、完成版に向けては、プール機能以外の建物本体は物理的耐用年数まで35年以上の期間を有していることから、「基本設計を策定中の総合体育館との連携等も踏まえ、建物本体を他の用途に活用する是非について今後さらに検討していく」としています。

 つまり、温水プールそのものは、中間報告の段階で「廃止」の結論が下された、ということになります。

 

印が温水プール所在場所です

 

温水プール外観

 

温水プール内です

 

 温水プールは、広見地区にある現環境クリーンセンターの焼却エネルギーを熱源にして1989年3月に完成。25×15辰琉貳麺僖廖璽襪硲隠鍬×8辰陵鳥用プールがあり、このほかトレーニングルームや研修室も完備。総事業費は10億4千万円余でした。

 

 利用は好調、過去最高の年間利用者数は1992年で、9万9322人を数えています。

 運動公園内には、2003年のNEW!!わかふじ国体の水泳・飛込競技場として、その前年の2002年に県営の富士水泳場が誕生。県事業による本格的な水泳場で、この誕生により温水プールの利用は一時期、年間5万人前後となったものの、2017年の年間利用者数は6万2810人を数え、一定の利用、人気をキープしています。

 

 しかし、2017年6月に青葉台地区内に着工した新環境クリーンセンターが予定通り2020年10月に稼働すると熱源を喪失することから、現在、基本設計を策定中の総合体育館建設計画と合わせ廃止か、それとも灯油ボイラーなど新たな熱源を確保して存続かの判断を下すことになっていました。

 

 その選択を迫られる中、当局は、2015年に策定した富士市公共施設マネジメント方針及び2016年に策定した富士市公共施設再編計画で「今後40年間で一般公共建築物の延床面積を20%削減する」を打ち出し、温水プールについては「廃止、その代替機能は同じ総合運動公園内にある富士水泳場で…」という意向を示していました。

 

 市の意向が利用者に伝わる中、利用者から温水プールの存続を求める声があがり、当局は施設再編アクションプランの策定に乗り出し、現状や課題を整理し、市民ニーズ等も踏まえた上で再編について検討、今回、中間報告を発表したものです。

 

 中間報告で示された基本方針は、以下の4点です。

 

 ➀存続するためには多額の改修費と燃料費がかかる。また、県営の富士水泳場をはじめとした代替施設も存在するため温水プールとしての機能は停止する。

 

 温水プールの利用者が、できるだけ抵抗なく代替施設に移行できるよう、県営の富士水泳場及び市内の民間スポーツクラブと十分に協議し、ニーズへの対応を図る。

 

 プール以外の構造物については、別の用途に利用する目的や必要性、改修費用等を検討した上で、取り壊すか、再利用するかを決定する。

 

 じ営の富士水泳場にサブプールを設置することにより、一般開放日の増加や日本選手権クラスの大会誘致が可能となり、市民ニーズへの対応やシティプロモーションに大きく貢献すると考えられるため、県に対してサブプール設置を強く要望していく。

 

 同日の委員会協議会では、今後の事業スケジュールも示し、中間報告に続いて2019年6月に温水プール施設再編アクションプランを公表。温水プールの使用停止時期については「新環境クリーンセンターの試運転開始の2020年3月から5月頃」としています。利用は、あと2年間です。

 

 自分は、総務市民委員会のメンバーではありませんが、利用者から「存続を」の声があがっていた問題なだけに、きょう18日の委員会協議会を傍聴しました。

 中間報告では、温水プールを存続した場合のコストも示され、既存システムを活用した熱源だけを追加した場合のコストは1億6092万円余、フルリニューアルした場合のコストは4億2660万円余。さらに熱源燃料費の試算は年間4224万円で、これに年間管理費や、今後、見込まれる老朽化に伴う修繕費を勘案すると、「廃止もやむを得ない」でした。

 

 今後は、当局が温水プールの代替施設の本命にあげる県営の富士水泳場に、富士水泳協会の要望でもあるサブプールの設置を、どう県にアプローチ、実現させるかを注目していきます。

 

| - | 22:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT