<< 富士市戦没者追悼式にて… | main | 今年も25日に『鷹岡夏まつり』が開かれます >>
凄いぞ! 広見地区の夏まつり、ブルーな気分もスッキリ

 酷暑から一転、気温、湿度とも「秋来たる」を感じさせた、きょう8月18日、富士市広見地区の「夏まつり」に…。他地区と同様、まちづくり協議会(渡邉英樹会長)が母体となっての取り組みですが、当初7月末に予定した予備日を含めての2日間の天気予報は最悪。中止を余儀なくされたものの、断念することなく3週間後に仕切り直しを図っての開催でした。

 その意気込みと地区パワーに触れ、思わず、「凄いぞ!」でした。

 

 まつり会場は広見ショッピング商店会通り。開会式は午後1時からで多くの来賓が訪れ、北西部ブロック在住の市議も招かれ、自分の、その1人として出席させていただきました。

 まつりそのものは昼前からアトラクションが開始されており、開会式の時点で、すでに熱気ムンムン。

 

 挨拶に立ったまちづくり協議会の渡邉会長は、広見団地として広見地区が誕生して50年を迎えたことを伝えながら、「新たな広見、新たな地域づくりに向けて一歩を踏み出そう」と述べ、50年という半世紀にわたるまちづくりの実績を地区の宝として飛躍を目指す意気込み示しました。その上で、今年のまつりのキャッチコピーを『ひろみ50年 おもいで 心に』としたことを報告しながら、まつりを通して住民相互のふれあいを図り、それを今後のまちづくりに結び付けていく意欲を熱く語りました。

 

 まつり会場には1時間ほど滞在。午後8時までのロングタイム開催ということで「夕立が来ないように…」と願いながら会場を後にしました。

 

ブログDSC03841.JPG

 

ブログDSC03845.JPG

 

ブログDSC03842.JPG

左の方は一緒に出掛けた鷹岡地区まちづくり協議会の松田幸雄会長。広見地区在住の藤田哲哉市議に撮っていただきました

 

ブログDSC03833.JPG

 

ブログDSC03835.JPG

      夜には、この山車の引き回しが…

 

 実は、きょうは…、正確には2日前の16日深夜からブルーな気分でした。

 

 16日午後10時少し前という時間に浜松市の市議会議員が自ら市庁舎で記者会見を開き、議会内のインターネット回線を使ってダウンロードしたアダルト動画などを「小遣い稼ぎのために…」無断で販売していたことを発表。それを深夜のテレビニュースが伝え、「ブルーな気分に…」となったものです。

 

 兵庫県の県議会議員が政務活動費の違法使用で記者会見中に号泣、日本、いや全世界に恥じをさらしたのは2014年7月=2016年7月に詐欺罪で懲役3年、執行猶予4年の判決=。これに端を発して全国各地で政務活動費の違法使用や不適切使用が発覚し、全く関係のない地方議員も氷河期時代に追いやられました。

 

 富士市議会にも政務活動費があるものの、その使途には厳格なルールがあり、公務で使用するマイカーは全て自前、ガソリン代すら「公私の区別が難しい」として一部使用が認められていません。

 今回の問題、いや事件で使用されたノートパソコンをはじめスマートフォン、カメラなど備品も富士市議会では政務活動費の対象外とされており、会派控室にはICT社会への対応としてパソコンが配備されているものの共有の1台のみ、その使用も厳しいルールが設けられています。

 

 よってテレビや新聞などメディアが伝える今回の内容は、「エッ!」「ウッソー!」の連続、驚天動地の事件ですが、全国各地で政務活動費の違法使用や不適切使用が発覚した際と同様、疑心暗鬼の口調で「富士市議会は大丈夫?」といった質問を受け、質問以前に、受け手側の解釈ですが白眼視されることも…。「地方議員、再び氷河期時代になるな」、そんな暗澹(あんたん)たる気分です。

 

 しかし、ブルーな気分で出掛けた、きょうの広見地区のまつり、それなりに覚悟はしていたものの知人や知り合いから質問を受けることはなく、白眼視されることもなく(と思っている)、「多分、きょうだけ」とは思うのですが、気分スッキリでした。

 

 訪れる氷河期時代、「大丈夫?」と問われた際には、「地方議員とは…」の自覚をもってしっかりと説明責任を果たさなくては…と決めているのですが、「これから何か、いや〜な予感が…」。

 

| - | 16:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT