<< 鷹岡地区で市長と住民対話の「行政懇談会」が開かれました | main | 芸術・文化の秋、鷹岡地区でも『地区文化祭』が開幕 >>
富士商工会議所が新たな飛躍に向け合併50周年記念式典

 富士地域の地方創生の牽引役を担う富士商工会議所(牧田一郎会頭)の『合併50周年記念式典』が10月16日午後、富士市蓼原町のロゼシアターで開かれ、市議会議員にも案内状が届いていたことから参加させていただきました。

 

ブログ20181016癸20181016.jpg

 

 商工会議所は商工会議所法(1953年8月制定)に基づき運営されている商業・工業の支援組織で、現在の富士商工会議所は二市一町合併2年後の1968年に吉原商工会議所と旧富士商工会議所が合併して発足。50周年を迎えた今年4月1日時点の会員数は4,318人(事業所)を数えています。

 

 記念式典は富士市を活動拠点の一つとする和太鼓集団・鬼太鼓座の呼び込み太鼓で開幕。700人収容の中ホールが、ほぼ満席となる中、式辞に立った牧田会頭は、“日本資本主義の父”とされる渋沢栄一翁(1840年―1931年)の言葉を引用しながら「地域の経済団体として、信頼され、役に立ち、満足される商工会議所という基本目標の達成に一丸となって邁進する」と力強く述べ、50周年の実績の上に立っての新たな飛躍への意気込みを示しました。

 

ブログDSC04283.JPG

        式辞を述べる牧田会頭

 

 記念式典では、群馬県の太田商工会議所との大規模災害発生時の相互応援に関する協定の調印式や功労者(団体)への感謝状贈呈などが行われ、さらに50周年記念事業で取り組んだ「観光プロモーション動画」と「観光ポータルサイト」の披露も行われました。

 

ブログ20181016癸20181016.jpg

 

ブログDSC04280.JPG

       協定者締結後の記念撮影です

 

ブログ20181016癸20181016.jpg

 

ブログDSC04288.JPG

   感謝状贈呈を受けた功労者(団体)の皆さんです

 

「観光プロモーション動画」は、富士地域の観光スポットをドローンを使用しての空撮を組み込んだもの。感動ものです。

 

 一方、「観光ポータルサイト」は、富士地域の観光振興に向けての観光案内サイト。こちらも空撮を多用して富士川楽座、田子の浦港、大淵笹場、岩本山公園などが紹介されています。

https://nextfuji.com/

| - | 13:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT