<< 番外・議会報告会、富士市立高校生との貴重な意見交換も… | main | 社会を明るくする運動作文の表彰式が開かれました >>
今月30日、『2018富士山女子駅伝』が開かれます

 今年も12月30日(日)に全国の大学女子のトップ級ランナーが富士山の麓を駆け抜ける『2018全日本大学女子選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)』が開かれ、コースメインの富士市で、その準備が急ピッチで進んでいます。

 

 総距離は7区間、43.4キロ、高低差は172叩8畫娃隠飴に富士宮市内の富士山本宮浅間大社をスタート。同浅間大社周辺を回った後、富士市内に入り、田子の浦港や吉原商店街などを通過、根方方面に向かってUターン、一気に霊峰富士を仰ぎ見ながら大渕街道を駆け上がってのフィニッシュは富士総合運動公園陸上競技場です。

 スタートからフィニッシュまでフジテレビ系列(静岡県はテレビ静岡)で全国生中継されることになっています。

 

ブログIMG_6416.JPG

            今年のコースです

 

 日本学生陸上競技連合主催、静岡県、富士市、富士宮市が共催、スズキ蠅特別協賛。“富士山女子駅伝”と銘打っての開催は今年で6回目となります。

 

 出場は22チーム。内訳は、今年10月に仙台市で開かれた『第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)』の上位12チーム、5,000達型佑離繊璽犁録による8チーム、全日本大学選抜、それに県学生選抜各1チームです。

 

 大学女子の駅伝競走は、立命館大学が牽引役を担い、選手層の厚さで富士山女子駅伝も第1回大会から5連覇中。今回大会の最大の注目点は「立命館大学の6連覇なるか」です。

 

 しかし、大学女子駅伝の人気が高まる中、各大学が選手強化を図り、「戦国時代に…」とも言われています。

 

 10月28日に仙台市で開かれた全日本大学女子駅伝では名城大学が2連覇を達成。2位は34秒差で大東文化大学、立命館大学は3位に甘んじています。

 このほか、東京農業大学や大阪学院大学、京都産業大学、東洋大学、玉川大学、日本体育大学、関西大学などが着実に実力をアップ。

 2016年の全日本女子駅伝の覇者で、今年の全日本女子駅伝で5位に食い込んでいる松山大学の走りも注目点。

 

 このほか、今年の全日本女子駅伝を制覇、その立役者となった第3区(6.8キロ)区間賞をとり、小柄(148センチ)ながら全身がバネのようなダイナミックな走りで「ゆくゆくは世界で闘える日本を代表する女性ランナーに…」と脚光を浴びている名城大学、高松智美ムセンビ選手の走りと、そのタイムも注目点。

 ムセンビ選手は、父がケニア人、母が日本人のハーフで、大阪薫英女学院高校から今春、名城大学に進学した18歳。今年6月に開かれた「第102回日本陸上選手権」の1,500メートルで優勝しています。

 

 いずれにせよ、スポーツ関係のメディアが線を注ぐ「興味津々」の富士山女子駅伝です。

 

 この富士山女子駅伝、富士市の前市長時代に誘致に成功。富士市を全国にアピールできるシティプロモーション事業として取り組むことによって観光振興をはじめ企業誘致、移住促進などが期待され、さらには市民が郷土に誇りと愛着を持つことができる“シビックプライド(civic pride)”の醸成も…。

 

 多くのボランティアが大会を支え、富士市議会も開催の狙いに賛同、それぞれの所在区で交通整理ボランティアとして出動することになっています。

 自分、海野しょうぞうも所在区の鷹岡地区を通過する沿道に立つことが決まっており、しっかりと、その役目を担ってきます。

 

ブログDSC05179.JPG

  交通整理ボランティアに配布されたスタッフジャンパーです

 

ブログDSC05148.JPG

   市内の各所に掲げられている歓迎垂れ幕(中島地先)

 

ブログDSC05197.JPG

 テレビ生中継に向けての準備(市庁舎北側駐車場)が進んでいます

| - | 17:22 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT