<< どんど焼き、消防出初式、成人式、今年も新春行事が相次ぐも… | main | チアダンスC−STAR(シースター)の活躍と不安 >>
中核市への移行、市長の判断は「検討の継続」でした

 昨年1年間、富士市政は小長井義正市長が「チャレンジしたい」とする大都市制度の一つ、中核市をめぐって大きく揺れましたが、市長は、きょう15日に開いた臨時記者会見で1年間余の検討結果を公表しました。「検討の継続」です。

 個人的には「賢明なる判断」と受け止めていますが、市長の「チャレンジしたい」を「中核市への移行に意欲満々」と受け止め、加えて地区単位で説明会も開いてきただけに市民の中には「あれれ?」の人がいるかもしれません。

 

ブログDSC05387.JPG

 

 大都市制度では、人口50万人以上対象の政令指定都市が広く知られており、現在、20市。県内では静岡市と浜松市が政令指定都市です。

 中核市は、政令指定都市に次ぐもので、従来は人口30万人以上が指定要件でしたが、平成26年の地方自治法改正で20万人以上に緩和、これに伴って20万人以上を対象としていた特例市は廃止に…。

 平成27年の国勢調査で24万8399人だった富士市は、中核市の指定を受ける権利を有する施行時特例市。県内では沼津市も人口20万人を割り込んだものの期限付きの施行時特例市。しかし、期限を前に沼津市は平成29年3月に「移行見送り」を決定。現状、県内で中核市への移行権限を有するのは富士市だけとなっています。

 

 平成30年4月1日時点で全国の中核市は54市を数えていますが、自治法改正を受け中核市への移行権限が与えられた富士市など施行時特例市の反応はまちまち。メリットの一方、デメリットもあるためです。

 小長井市長も昨年の市議会2月定例会の施政方針で「中核市への移行を目指し本格的な議論を」とする一方で「保健所の設置や新たな権限移譲に事業費の増加が見込まれる」とし、その上で「多くの場において中核市移行について検討」と述べています。

 つまり、「中核市に移行したいけれど、デメリットもあるので広く市民や議会の意見も聴いて…」。

 

 しかし、説明の場では不明瞭な部分も多く、加えて昨年の市議会11月定例会の一般質問への答弁で市長は「移行を目指すと判断した場合は不退転の決意で…」としたものの、「意向表明後の検討で断念の可能性もある」とも述べ、説明を受けた市民、そして議会内部にも「?」。自分も「いま一つ、市長の真意、本気度が見えてこない」でした。

 

 市長は、

「移行の表明」

「検討の継続」

「検討の中断」

「移行見送り」

の4つの選択肢をあげて「平成31年2月に、その決断を下す」とし、2月定例会での新年度予算の発表に伴う施政方針演説の中で検討結果の公表が見込まれていました。

 

 こうした中での、きょう15日の臨時記者会見をもっての検討結果の公表は、その決断が予算を伴う「移行の表明」ではなく、これまでと同様の「検討の継続」だったからにほかなりません。

 新年度予算の編成作業が大詰めの段階を迎えており、約1カ月早い、この時期の公表は予算編成を円滑に進めるため、それが最大の理由といえます。

 

 富士市が中核市に移行した場合、保健所設置に伴う医師などの人材確保のほか7億4300万円と試算される新たな財源が必要となるため、移行にあたって賛否を問われる市議会には、「慎重に検討すべき」のほか、「現状のままでは反対」を明確に示す議員もいました。

 

 自分は、富士市が国からの財政支援である普通交付税を受けられない不交付団体とはいえ、その交付、不交付の判断となる財政力指数「1」のスレスレの状況なだけに、「国からの財政支援の判断が普通交付税制度に組み込まれている以上、富士市は安易に中核市を目指すべきではない」との考えで、よって市長の「検討の継続」を「賢明なる判断」と受け止めています。

 

 きょう15日の臨時記者会見で「検討の継続」とした市長も、その点を意識してか「移行が可能な富士市は、10年、20年、50年後を見据え、(中核市の指定に)チャレンジすべきであるとの思いを強くしているが、移行すべきタイミング(=表明の時期)は今ではないとの判断である」とのコメントを出しています。

 

「移行の表明」ではないものの、「検討の中断」や「移行の断念」ではなく「検討の継続」。今後、どう検討を継続していくのかが焦点となりますが、財政力指数「1」を大きく上回る市財政の向上や、普通交付税制度の見直しなど新たな検討材料がなければ、安易に検討作業を進めるべきではなく、その職員の労働力は、例えば、各地区のまちづくり協議会を、その器としてのまちづくりセンターの運営・管理に指定管理者制度導入など直面する重要な行政課題への投入を願いたいものです。

 

(※)15日の臨時記者会見の内容は富士市のホームページにアップされています。

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/index1.html

| - | 17:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT