<< 中核市への移行、市長の判断は「検討の継続」でした | main | 2月8日、9日に「ものづくり力交流フェア2019」 >>
チアダンスC−STAR(シースター)の活躍と不安

ブログ新聞.png

 

 ここにアップした新聞記事は、1月12日付けでローカル紙に掲載された富士市を活動拠点とするチアダンス教室、C―STAR(シー・スター)の中学生編成チームが昨年、都内で開かれた「第18回全日本チアダンス選手権」(日本チアダンス協会主催)で9連覇を達成したことを伝えるものです。

 C−STARは、自分、海野しょうぞうの娘2人が主宰。市政・市議会の動きや議員活動の報告を目的としたブログ&フェイスに取り上げることは「いかがなものか」と思いつつも、日頃、イベントを通してダンス発表の場を与えて下さっている諸団体、そして教室と子ども達を支えて下さる、すべての皆様に主宰者の親として、しばし、感謝の思いを…。

 記事では3月31日(日)に開く「第6回発表会」のご案内もさせていただきます。

 

 娘2人は、もう30年以上も前、長女が6歳、次女が4歳の時、日本を代表するジャズダンス&モダンバレエダンサーとして活躍していた富士市出身の山梨尚美先生が郷里のスポーツジムで開講したジャズダンス教室に入門。まだ、放課後児童クラブがない時代、共稼ぎ世帯が放課後対策としていた幾つかの習い事の一つでした。

 

「そのうち飽きて『ヤーメタ』と言い出す」と思っていたのですが、2人とも勉強そっちのけでレッスンを重ね、社会人の年齢になると都内で、その道へ。あれこれオーディションも受けたようで、幾つかのステージにも立っています。

 

 2006年に「郷里の富士市でチアダンスを広げたい」と教室を開いていますが、専用の教室は持たず、いや、持つことができず、ロゼシアターのリハーサル室などを借用しての指導。それも週1回程度という中、大会出場チームに選ばれた子ども達は自主練習も積み、心を一つにして大会へ。

 好成績を重ねる中、親としては、「学業との両立を。教室やイベント出演時の送迎を担う保護者の皆さんが負担を感じるようなことがないように…」と注文を付け、時間があればイベント出演時に演技中の子ども達に異常接近する“カメラ小僧”の監視役などを担ってきました。

 

 2016年には、米国テキサス州のダラスで開かれた世界大会(ナショナルチャンピオンシップ)に選手のほかコーチ陣、保護者など総勢50人余で参加しています。

 保護者の経済的な負担に加え、学期中に1週間余も休学が必要で、参加辞退も選択肢にある中、娘2人は保護者の皆さんと話し合い、また、保護者の皆さんはフリーマーケットに参加して渡米費用を捻出などにも取り組んでの世界への挑戦でした。

 

 チアダンスは、2017年3月に公開された映画『チアダン』で話題となり、2018年7月から土屋太鳳さん主演でドラマ化されたこともあって「子ども達に大人気」とされ、娘達の教室も大所帯となり、イベントが相次ぐ夏場には押し寄せる出演要請の調整に苦慮しているようです。

 

 そのイベントのアトラクションには、選抜の大会出場チームだけでなく、初心者の子ども達も出演します。

 そのステージ、演技に「あれ…?」と思う方もいますが、「自分が元気になり、ダンスを通して観て下さる方にも元気を届けたい」、その思いは子ども達に共通しています。

 これからも子ども達のダンスパフォーマンスを温かく見守って下さることを切にお願いします。

 

 今、全国的にチアダンスブームですが、ブームには必ず終焉が訪れます。

 それが訪れた際、「頑張った子ども達、保護者の皆さんとの思い出があれば、それで十分じゃないか…」と娘2人に話そうかと思っています。

 

 

 3月31日にロゼで6回目の発表会

 

ブログ20190114癸20190114.jpg

 

 冒頭で記した3月31日(日)に開く「第6回発表会」の会場はロゼシアターです。

 2年に1回ペースでの開催で、第1回から第5回までは1600人余収容の大ホールが会場でしたが、今回は「大ホールが確保できなかった」そうで、700人余収容の中ホールです。

 この収容キャパの縮小により、これまでの2回公演を3回公演とし、第1部が午前10時30分、第2部が午後1時45分、第3部が午後5時に開場となっています。

 入場は無料ですが、事前の予約が必要。予約はC−STAR(シースター)事務局で賜っています。

 電話 080−1243−3448

 

| - | 22:03 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT