<< 2月8日開幕、梅と桜の名所で〜まるごと岩本山〜 | main | 新興美術院富士支部展&ものづくり交流フェア2019 >>
富士市が新年度の予算案を内示。一般会計は過去最高額です

 富士市は、きょう2月7日に開かれた議会運営委員会に14日に開会する2月定例会に提出する新年度(平成31年度)予算案などを示しました。“予算内示”と呼ばれているものです。

 一般会計、特別会計、企業会計を合わせた予算総額は1,789億5,953万1千円で、前年度(平成30年度)比、金額で128億9,081万4千円増、率で7.8%増の“プラス予算”となっています

 

 一般、特別、企業の三つの会計のうち、注目の生活密着予算である一般会計の予算規模は936億円で、前年度比、金額で105億円、率で12.6%もの増。過去最高額です。

 ただ、この大幅な総額は、ビッグ事業である新環境クリーンセンター建設事業費や、市政の基軸施策に位置付けられている子ども子育て関連経費の増などによるためです。

 

 一般会計の歳入の根幹である市税見込みは469億6,500万円で、前年度比、金額で7億7,030万円、率で1.7%の増にとどまっているものの、自主財源と依存財源の比率などからも富士市は健全財政を堅持しています。

 

 ゴチャゴチャと数字や分析を記すよりも、表をご覧いただいた方が財政状況が判然とすると思い、配布された資料から新年度の予算規模、予算の特徴、財政分析表、さらに7日の議会運営委員会で協議、決定した2月定例会の日程もアップしました。

 

ブログ20190207 ナンバー420190207.jpg

 

ブログ20190207 ナンバー4の2no20190207.jpg

 

ブログ20190207 ナンバー520190207.jpg

 

ブログ20190207 ナンバー120190207.jpg

 

ブログ20190207 ナンバー220190207.jpg

 

ブログ20190207 ナンバー320190207.jpg

 

 

 

 

 

| - | 22:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT